黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

自炊

ラオガンマのフタの開け方

ラオガンマの玉葱辣油(左)と豆鼓辣油(右)。やはりこの2つが最も使いやすくて、すぐなくなっちゃいますね。というわけで、また買ってきました。 ▲ツイッターでラオガンマのことをつぶやいていると、「フタが開けにくい」という話をよく聞くので、今回は最…

ラオガンマ・チャーハンへの挑戦(6)仕上げに紹興酒

最近は1日おきぐらいにチャーハンを作っております。 表題の件ですが、 ▲ラオガンマ・チャーハンの作り方としては、第3回の方法でほぼ完成しているのですが、1つ気に食わないことがあって、パラパラしたインディカ米は炒めやすい反面、吸水性が悪いので、少…

夏子様からの挑戦状:春雨とほうれん草のラオガンマの和え物

黒子さんの宿題です。春雨とほーれん草のラオガンマー和え物めっちゃおいしい!母の手作りラー油がないのがもうどうしようもない@bci_ pic.twitter.com/5w474D0xi5 — 夏子の冒険 (@Natsupiang) May 4, 2019 在日中国人クラスタの著名人である夏子様から「挑…

ラオガンマ・チャーハンへの挑戦(5)インディカ米vs日本米

▲こちらは炊いて冷凍しておいた日本米0.5合。こちらを使ってラオガンマ・チャーハンを作ってみたらどうなるのかを実験してみました。

ラオガンマ・チャーハンへの挑戦(4)「気持ちいい」フライパン

▲第三回でラオガンマ・チャーハン作りもかなりコツがつかめてきたのですが、 ▲こちらの写真で見てわかるように、フライパンが小さく(本来これは目玉焼きを作るために購入したもの)、チャーハン向きではなかったため、新たに大きくて使いやすい「チャーハン…

ラオガンマ・チャーハンへの挑戦(3)海鮮什錦豆鼓炒飯の作り方

チャーハンを作る際、最初に取り掛かるのは「コメを炊く」ということですが、これが結構面倒でして、コメを炊くには 炊き干し法(現在日本で行われている一般的な方法) 湯取り法(パスタのように大量のお湯で茹でる方法) ▲この2つがあります。 ▲第一回でチ…

ラオガンマ・チャーハンへの挑戦(2)なぜチャーハンなのか?

いきなり黒色中国がチャーハンを作り出したので、「一体なんなんだ?」という人もいれば、「ああ、また始まったかw」という人もいるだろう…と思うものの、とりあえずここで「なぜチャーハンを作ろうとしたのか?」を書いておきます。

ラオガンマ・チャーハンへの挑戦(1)タイ米の炊き方に悪戦苦闘

「ラオガンマ大全」の発表以後、いろんな料理にラオガンマを使って来たけれど、主に麺類に入れて使うことが多い。 ▲「ラオガンマ・チキンラーメン」などはその最骨頂であるけれど、数あるラオガンマ料理の中でも、最も極め甲斐があるのは「ラオガンマ・チャ…

トマ玉のラオガンマパスタ

以前からずっと作ろうと思っていたラオガンマパスタ。今回はトマ玉を乗っけて作ってみました。

ラオガンマ・チキンラーメン第2回

▲前回の反省を踏まえて、第2回では作り方を工夫することにした。 ▲まず、ドンブリに熱湯を注いでドンブリをシッカリと温める。

【ラオガンマパスタの試作】タコとブロッコリーのトマトソース煮

海のそばに住む知人から新鮮なタコが送られてきた。 私は食生活が中国人化しているので、生のままでは食べにくい。そこで、前々から作ろうと思っていた「ラオガンマ・パスタ」の材料とすることにした。

アマゾンで酸菜(スァンツァイ)を買ってみました

▲先日ご紹介した酸菜(スァンツァイ)ですけど、アマゾンで買える最も安いものがどういうものなのか、試しに購入してみました。 ▲注文から4日間で着きましたが、これって実は薄いものでして、厚紙の封筒に入れて郵送され、郵便受けの中に入っておりました。

キュウリのヌカ漬けにラオガンマ

最近は「大全」の完成と、さらなるラオガンマ道の追求のために、日々研鑽を重ねている黒色中国でありますが、毎日昼と夜に2回、なんらかの形でラオガンマを食べております(さすがに朝からは食べないw) 今まで、色んなものにラオガンマを入れてみましたけど…

鎮江香醋(ちんこうこうず)とラオガンマ

▲鎮江香醋(ちんこうこうず)という中国産の黒酢がありまして、知ってる人なら誰でも知ってる中国の有名な黒酢です。私はこの黒酢の熱烈なファンでして、もう20年以上愛用しています。

ラオガンマ大全

現在、日本で入手可能なラオガンマ製品9+2種類(9つのラオガンマと2つの派生商品)のレビューに加え、各製品の分析によって解明されたラオガンマシリーズの全容、分類法、ラオガンマ初心者のための基礎知識などをこちらにまとめてみました

【タイの豚肉ソーセージ】ムーヨーを入手しました

去年から取り掛かっている「香港のラーメンを自作したい!」シリーズ。 香港のラーメンに乗っかっている正体不明の美味しいもの「扎肉」はベトナムの「ゾールア」なのがわかり入手したところ、それはタイの「ムーヨー」ではないか…との情報をツイッターでい…

ザーサイの思い出

最近はラオガンマを買うために、中華食材店によく行くようになった。そこでザーサイを売っているのをみつけたので、1袋買ってみた。

「ラオガンマ干麻婆豆腐」を作ってみました!

去年末から始まったラオガンマ研究。いまツイッターでも毎日のようにラオガンマネタを連発していますけど、今後、ラオガンマの色んな料理を作る予定ではあるものの、私は麻婆豆腐が大好きなので、どうしても「ラオガンマ麻婆豆腐」を完成させたいと思ってい…

【ベトナム風ポークハム】ゾールアをゲットしました!

▲2か月近く前の話にさかのぼりますが、「扎肉」(ベトナムソーセージ)をやっと入手できました。 ▲「ゾールア」と言うらしく、「ベトナム風ポークハム」と書かれてあります。ずっと「ベトナムソーセージ」で探していたので、見つからなかったようです。

中国の目玉焼きは美味しい…荷包蛋(フーバオダン)の作り方

【1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは…】なぜ卵なのか。それは小さいのに完璧な食べ物だから。タンパク質が豊富なだけでなく、卵(特に黄身)には抗炎症作用のあるオメガ3脂肪酸のほか、ビタミンD、E、B12、それからセレンなどのミネラル…

ラオガンマで麻婆豆腐を作ってみました

あれ以来、ラオガンマにハマっておりまして、既に我が家には4種類のラオガンマが揃っているのですが、いつもはご飯にかけたり、ラーメンに入れたりしています。 せっかくなので何かラオガンマで作れる料理はないかと考えてみたところ、結局どんな料理にでも…

インドネシアの食材を買ってきました

▲この素食料理の記事を振り出しに… ▲「テンペ」というインドネシアの大豆加工品の話につながり、ツイッターでインドネシア料理に関するリプライをたくさんいただいたところ… ▲皆さん美味しそうな話ばかりするものだから、つい気の迷いで、インドネシアの食材…

「テンペ」とは何か?…観察・実食してみました

▲こちらの記事を公開してから、ツイッターで多くの反響を戴きました。単にダシを取った後の昆布を刻んで、厚揚げとモヤシと一緒に炒めただけのツマラナイ料理なんですけど、こんなにウケるとは恐縮でありますw ただ、上掲のツイートの後で、厚揚げじゃなくて…

私と素食…厚揚げと昆布とモヤシの炒め物

「黒色中国」はツイッターでもブログでも食べ物のネタが多く、それらが好評だったりするのですが、実のところ私は食べ物に興味がなく、とりあえず手近で簡単に安く食べられるものであれば何でもいい…というのが食べ物への基本姿勢であります。 理想としては…

「汁少なめトマ玉」の作り方

ツイッターでは、黒色中国といえばトマ玉(西紅柿炒鶏蛋)、トマ玉といえば黒色中国…ということになっておりますが ▲こういう記事を書いていたりして、トマ玉ネタが定番になっているからですね。 ただ、最近はあまりトマ玉ネタをしておりませんでした。単純…

『干麻婆豆腐』(ガンマーボードーフ)について

旅をしていない時は、ほぼ毎日のように自炊して、中国料理を作っている。 高校生の時にレシピ本を買って、最初に作ったのが麻婆豆腐だった。無論、「麻婆豆腐の素」を使わずに、豆板醤と甜麺醤で作るものである。子供の頃から麻婆豆腐は好きだったけど、中華…