黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

日本で活動する中国公安関係者

 ▲こちらのニュース、ツイートでは要約しているので、わかりにくいかも知れませんが、ようするに、

  • 現在、日本に在住する内モンゴル自治区出身のモンゴル族の男性が、去年9月に東京で行われた中国への抗議活動に参加した。
  • その後、内モンゴルにいる両親の所に警察が来て、息子がデモに参加したかを聞かれ、「あなたの息子が海外に行って洗脳されている」と言われた。

…ということです。

つまり、

  • 内モンゴルの警察は、なぜかこの男性が日本のデモに参加しているのを知っている。
  • 両親の元にやってきた警察官が、日本に行って、デモに参加している男性を直接見てきたわけでもないだろう。
  • ということは、日本国内で、抗議活動や在日モンゴル族の活動を監視している人物がいて、内モンゴルの警察に報告しているに違いない。

…ということになります。

実は、今から十数年以上前、私も似たような話を聞いたことがありました。

* * * * *

私は当時日本にいて、在日中国人の友人と会う約束をしていた。

たまたま、お互いに知っている中華料理店があったので、その前で待ち合わせをしていた時に、ちょっと変わった体験をしたのでした…

続きを読む

台湾CDCの疫病キャラクター・カレンダーの入手方法

▲こちらの台湾CDC(疾病管制署)の疫病キャラクターのイラスト、台湾ではカレンダーが発売されておりまして、日本でも販売しているのがわかりましたので、こちらに情報をまとめておきます。

※「疫病キャラクター」じゃなくて、「疾病キャラクター」じゃないのか?と思うのですが、最初に紹介したサイトのタイトルが「疫病」だったので、そのままにしておきます。

続きを読む

ツイッターで私はどんな基準でリツイートやフォローをしているのか?

「なぜそんな内容のツイートをRTするんですか!😡」

「なぜあの人のツイートをRTするんですか!😡」

…とツイッターで怒ってくる人が、最近増えてます。

私としては、

「イヤならフォローを外して下さい」

としか言いようがないのですが、確かに私のRTの基準は、他の人と違うのかも知れない。そこで、今後も同様のクレームがあることを想定し、私のRTポリシー、フォローポリシーについて触れておきます。

続きを読む

ドッジボールは「ボールを使った格闘技」、脳震盪にはご注意を

こちらのツイート、何気なくつぶやいただけなんですけど、大量の反響をいただいておりまして、大半は私に同意する内容なのですが、たまに否定するリプライ…というより、ドッジボールの危険性を軽視する人がおります。

私は、ドッジボールのプロではないけれど、実は以前、ある武術を教えていたことがあって、その時の経験で得た知識をこちらに書いておきますね。

続きを読む

今週のはてなブログランキング〔2021年2月第3週〕第10位に入りました

blog.hatenablog.com

今週のはてなブログランキング〔2021年2月第3週〕の第10位に入りました。

続きを読む

ツイッターのフォロワー6万&月間インプレッション3000万を突破しました

もう、先月のことになるのですが、

1月の第一週にフォロワー数は6万突破

1月下旬にインプレッションは3000万を突破し、

1月の最終集計は3284万となりました。

続きを読む

「昔は日本も中国に対して、今ほど嫌悪感を持っていなかった」理由

ツイッターでいつも仲良くしていただいているNEKOさんから質問が寄せられました。

ツイッターのリプライで書こうと思ったら長文になって、連投にするのも大変だったので(最近、誤字や打ち間違いが多くて、連投が好きじゃないのですw)、ブログでまとめて返事を書いてみようと思いました。

続きを読む

靖国神社を誤解する中国人に写真を見せて実際どんな場所か説明してみた

f:id:blackchinainfo:20210217165428j:plain

以前、中国に住んでいた頃、中国人の友人と話していたら、靖国神社の話題が出ました。

友人は、靖国神社をずいぶん「悪い場所」と思い込んでいて、「まぁ、中国人だからそう思うのも無理ないわな…」と思いましたが、話を聞いている内に、「何か変だな」と気づいたのでした。

「いや、オレも靖国に行ったことあるけど…」と私が告白すると、

「どうしてオマエが靖国に行くんだよっ!」と友人がひどく怒るので、

私が参拝する事情も説明しつつ、撮影した写真も見せながら、靖国神社が実際はどんな場所なのか、説明したことがありました。

最近、ハードディスクにたまった昔の画像を整理していたところ、友人に見せた写真が出てきたので、当時私が友人と話した内容を、写真と共に、こちらで再現してみようと思います。

続きを読む

実名でツイッターをやっていたら、12年の間に3回は殺されてたと思う

この件について、続きを書きます。

続きを読む

赤々舎さんの写真雑誌「Decades」(No.1 2000_20 Issue)が届きました

f:id:blackchinainfo:20210215203646j:plain

去年から、「出るぞ!出るぞ!」と話題になってた赤々舎さんの写真雑誌「Decades」。やっと届きました\(^o^)/

まだ届いたばかりですけど、手に取った瞬間に、「買って良かった!」と大満足だったので、この「視覚の福音」を皆様にもお伝えしておきます(^^)

続きを読む

災害時のツイッターの正しい使い方

今日は朝から、このニュースがツイッターで話題になってますけど、確かに13日の地震の時に、そういう下らないツイートがありましたね。私も幾つか通報しておきました。

ただ、その一方で

…という意見もありまして、古くからツイッターでは荒唐無稽なありえないネタ、一目見てすぐ嘘とわかるネタ、不謹慎ネタを楽しむカルチャーもあるのです。

続きを読む

プーアル茶の正しい砕き方

f:id:blackchinainfo:20210214183212j:plain

▲私はプーアル茶を愛飲しておりまして、こちらをまとめ買いして、毎年秋冬になると飲んでおります。

f:id:blackchinainfo:20210214183222j:plain

▲中身はこんなの。フリスビーみたいな円盤状に茶葉を固めているのですね。

f:id:blackchinainfo:20210214183243j:plain

▲そこで、お茶を飲む時は、まず茶葉を砕かなくれはいけないのですが、その際に「茶刀」という道具を使います。「刀」と言っても刃はなくて、アイスピックみたいなものですが…

f:id:blackchinainfo:20210214183258j:plain

▲なぜか日本の友人にこの手のプーアル茶を贈ると、アイスピックで氷を割るようにして、茶刀の先で繰り返し突き刺そうとする人が多いのですね。

「なんだこれ、全然割れない!」と文句を言って、「プーアル茶は面倒くさい」と言い出す。

茶刀の使い方が根本的に間違っておりまして、正しく使えば、全然力を使わず、カンタンに割ることができます。ぶっちゃけ、手でも割れるのです。

そこで今回は、「プーアル茶の正しい砕き方」を解説しようと思います。

続きを読む

北京晩報の思い出

▲今日ははこちらのツイートがよくRTされましたが、元記事は「北京晩報」という北京で発行されている夕刊紙からの翻訳で、この新聞は私が留学していた頃に、愛読していた懐かしい新聞なのでした。

中国の新聞を愛読していた…というと、今の日本だと奇妙な印象になるかも知れませんが、この北京晩報という新聞は、ちょっと違うのです。

上掲のツイートに続けて、その思い出を綴っているのですが、モッタイナイので、こちらに加筆・修正を含めて記録しておきます。

続きを読む

森喜朗氏の後任には鳩山由紀夫氏を!

ふと、こんなことを思いついたのですが、その「可能性」を確かめてみることにしました(^^)

続きを読む