読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

インスタグラムでやってみた「ウケる写真」の実験の数々

▲調子にのって、こういう記事を書いたものの、その後は低迷しておりまして、しばらくフォロワー200台の半ばで上がったり下がったりを繰り返しています。 上の記事の絡みで、こちらにインスタグラムの「コツ」を求めて検索でやってくる人が結構いますので、上…

上海の南京路で中華民国総統を見かけた件

2014年の夏、上海の南京路を散歩していると、台湾牛肉麺の店で、どこかで見覚えのある人物を見かけました…

日本車に乗る中国人が反日デモで車を壊されないようにしている予防策

先日、こちらの記事は予想外に多くの人に読まれました。ありがとうございます。 中国で反日の人に嫌がらせを受けた、暴力を振るわれた…という話をツイッターで書くと、中国大好き!な人から、「オマエが何かしたんだろ!」などと、私から中国人に何か悪いこ…

肥腸(フェイチャン)を食べてお腹を壊した件

ツイッターで時折、私が中国で食べた美味しいものを紹介していると、「大丈夫なんですか?」という質問が寄せられることがある。 不衛生であるとか、毒が入っているんじゃないか…という指摘であろう。 日本のマスコミが中国の食べ物を紹介する時は、ネガティ…

時々犬になりたい時があります

2005年の反日デモの前後、私は上海にいたのですが、レストランで日本語で話していたら、いきなり後ろから頭を叩かれたりとか、中国人が言い掛かりをつけて来たりで、面倒な目に遭ったことが何度かありました。 だから、外にいる時は日本人とバレないように、…

【上海ガニの対日輸出を停止】陽澄湖産の上海カニは何が違うのか?そして上海カニの安全性について

【上海ガニの対日輸出を停止…中国江蘇省の水産会社】「日本市場では、陽澄湖などで正式な認可を受けて養殖される『大閘蟹(中国語でダーザーシエ)』ブランド以外にも、中国産の養殖品がみな『上海ガニ』と混同されており、ブランドを守る必要がある」https:…

【速報】上海浦東空港で爆発

本日の午後2時42分頃(中国時間)上海の浦東空港ターミナル2(2号航站楼)で爆発発生。けが人が出ているようです。 【更新履歴】 13日午後11時05分:容疑者は空港で客引きをしていた白タク運転手で、数日前に空港で捕まった際の処罰を不満に思い…という説が…

【上海の街角で】(5)路上でコンドームの無料配布?

【黄浦区豫園街道広福居民委員会】…「居民委員会」ってどうやって説明したらいいのかな…と思っていたら 居民委員会 - Wikipedia ウィキペディアって何でも教えてくれるのですね(笑) 日本の町内会にあたり、住民の相互扶助組織として「大衆的自治組織」と性…

【上海の街角で】(4)下町の路上で麻雀を楽しむ老人たち

上海の下町を歩いていると、このような光景をよく見かける。 日本の屋外で麻雀をするのは、花見の時にちょっとあるぐらいだが、中国では普段からよく行われている。 下町の家の中は狭いし、近所の人や通行人も交えた方が楽しいので、中国人は屋外で麻雀をす…

【上海の街角で】(3)下町の雑貨屋さんでよく見かけるフタ付きの可愛いホーローの容器は何なのか?

上海で下町の散歩を始めた頃、ずっと気になっていたのがこの容器です。 あちらの雑貨屋さんでよく売ってます。なぜホーローのバケツ?なぜこのサイズ?どうしてフタがついてるの?下側が広がっているのはなぜ?…と疑問が尽きませんでした。

【上海の街角で】(2)なぜ下町の通りにはたくさんの洗濯物が干してあるのか?

上海の下町を歩いていると、よく見られる光景です。 人様の洗濯物なので、あまりジロジロ見てはイケないのですが、かといって公共の空間に堂々と干しているから、どうしても視界に入ってきます。 しかし、長年この光景を見ていると、上海人は他人に見られる…

【上海の街角で】(1)なぜか郵便受けが多すぎる件

昔、上海に住み始めた頃、この街を知りたくて、やたらと歩いた。一日中歩き続けることも少なくなかった。 メディアを通じて知るのではなく、クルマや地下鉄の車窓から見るのでもなく、自分の足で歩き、自分の皮膚感覚で理解しなければなければ納得できない。…

『反日鶏スープ麺』が食べられるお店と黒色中国流『飴軒鶏ニンジン麺』の作り方

あの「反日鶏スープ麺」はどこで食べられるのか? 最近私は、インスタグラムに投稿した写真と、それを使った組み写真のブログ記事を書いていますが、昨日の記事は今までで一番よく読まれました。 その反響の中に、この麺は何処の店で食べられるのか…という質…

【上海の朝食】(5)反日の中国人に美味しい鶏スープの麺を作ってもらった件

私は普段、朝から麺を食べることは、あまりないけれど、中国で釣りに行くときに食べることがある。中国の麺料理は量もあるし、注文してから出てくるのも早い。 ▲【紅焼牛肉麺】こちらは、河南系の麺屋さんだったと記憶している。濃厚なスープの中にトロトロ…

【上海の朝食】(4)ごま団子と生煎饅頭を食べながら中国人について考える

▲ごま団子は日本でもよく知られた点心である。中国語で「芝麻球」(ジーマーチュウ)という。名前を直訳すれば「ゴマタマ」ということだが、中に甘いアンコが入っている。 口に含むと、表面の香ばしいゴマ⇒モチモチの皮⇒甘いアンコ…という順番で快楽が展開す…

【上海の朝食】(3)「パリパリ」と「トロントロン」を繰り返す快楽

昔、留学していたのが北京だった。それに加えて、東北(旧満州)地域をよく旅行したので、私の中国料理の「舌」は、北方の料理で出来ているのだろう。北の料理はいつ食べても、懐かしい味がする。 上海の下町で住み始めた頃、いつもは近所で韭菜餅だの白糖餅…

【上海の朝食】(2)「餅」と言っても「もち米」で作られているわけではありません

留学して、中国で生活を始めた頃、町中で色んなものを食べたけれど、その時になんとなくモヤモヤとしてスッキリしなかったけど、後々気付いたことの1つとして、中国で「餅」と名のつくものは、日本のいわゆる「モチ」とは違うということ。 ▲こちらは「韭菜餅…

【上海の朝食】(1)不健康な小ワンタンと健康的な大ワンタン

中国にいる時でも、もちろん一日三食なわけですが、私は友人・知人と夕食を共にすることが多くて、自然と夜にガッツリ食べることになります。 だから、朝食には軽く胃に優しいものを選ぶわけですが、上海にいる時だと、私はワンタンを食べることが多いです。…

上海に今もなお現存する「トーチカ」を見たことありますか?

上海で魚を釣ろうと思い、場所を探していると、不思議なものを見つけました… これって、もしかして…「トーチカ」ってやつじゃありませんかね?

【中国の水質汚染問題】幻の「上海の地ビール」を探して

togetter.com 今朝、フォロワーの方からの質問に答えていたら、まとめを作ってもらえました。ありがとうございました。 このテーマは、中国の環境、水需要、そして日本の国土保全、安全保障、環境問題…とかなり広範囲の問題になりますので、それほど単純に語…

藤原とっふ店(自家用)とコレジャナイ感の強いドラえもんについて

bci.hatenablog.com インスタグラム3回目の挑戦…今回は結構続いています。1日に2枚づつ写真を掲載するようにして、ようやく「コツ」がつかめてきました。 インスタグラムの場合、やっぱり写真が一番重要で、2と3と4をすっ飛ばして、キャプションは5の次6の次…

上海春節豪華料理の追加説明

上海で春節の時に食べた年越しの料理がとても美味しかったので、ツイートしたところ、思いがけず好評をたくさん頂きました。 ▲その全てはこちらにまとめられていますけど、後半の私のスピーチの部分でツイートしている料理の写真に関する解説が欲しい…との要…

【上海で変電所反対デモ】電磁波の人体への影響はどれぐらい危険なのか?

【上海で3000人、変電所反対デモ=警官隊と衝突、20人けが-人権団体】『住民たちは幼稚園や小学校の近くに建設中の変電所が健康被害をもたらすのではないかと懸念』鎮圧のため出動した数百人の警官隊とぶつかった https://t.co/VEnqCFAZrf — 黒色中国…

【緊急投稿】『日韓外相会談 慰安婦問題で最終的解決』と中国の「慰安婦問題」の関わりについて

年末で何かと忙しくしているので、今日はツイッターを半ばお休みのつもりでありましたが、ふとTLを見ると、日韓外相会談の件で沸騰している…慰安婦問題の「最終解決」についてです。 私にとって韓国は全くの専門外で、慰安婦問題についても詳しくありません…

靖国神社の爆弾騒ぎと上海天長節爆弾事件

【靖国爆発】『韓国籍の男関与か ホテル捜索も事件直後に出国』東京都千代田区九段北の靖国神社の公衆トイレで11月23日、爆発音がした事件で、韓国籍の男が関与した疑いがあることが2日、捜査関係者への取材で分かった https://t.co/CbFcyyJGMY — 黒色…

【化学テロ攻撃に遭遇したらどうするか?】上海地下鉄で見かけたテロ対策解説四コママンガ

パリの大規模テロで、世界各国でテロへの警戒感が高まっているようだが、数年前から中国でもテロや原因不明の爆発などが多発している。中国をあちこち歩いていると、至るところでテロ対策が実施されているのを見かける。 先日、上海で地下鉄を利用したら、乗…

【電工ナイフのルーツ?】海軍ナイフの歴史的経緯、そして上海との関わりについて

▲中国とは全く関係のない私の趣味の話であるが、幸いなことにツイッターでは多くの意見が寄せられた。 そこで、電工ナイフと海軍ナイフの関係を明確にしようと、色々手をつくしてみたのだが、そのあたりに触れていると思われる『ナイフマガジン115(2005年12…

【上海・老西門】辣肉絲麺館の老上海紅蝦醤辣肉絲拌麺

いつも食べ物のことばかりツイートしている私だが、本当のところを言うと、それほど食べ物には興味がない。普段はいつも手近にある簡単なものばかり食べている。特別珍しい物、美味い物を食べたいとは思わないわけだが、その土地の文化とか歴史と関係するも…

中国のニセ乞食の見分け方

上海にいる時は、大体3日に1度は福州路に行ってしまう。このあたりは、書店と文房具屋が多くて、美味くて安い飲食店も多い。一時期は、いつ電話しても私は福州路にいたので、福州路に住んでいるのと勘違いされていたこともあった。 ▲福州路で食事しようと…

【上海交通大が「東京裁判」文献集を出版】どんな内容なのかを調べてみると…

【歴史戦】『上海交通大が「東京裁判」文献集を出版』「日本の右翼勢力に対する最も有力な反論」対日宣伝戦強化の一環か…3万ページあまりの文献集には日本語の資料も含め、検察や弁護側が提出して、法廷が採用した証拠が収められているという http://t.co/h…

【上海逍遥2014】(4)清真女寺(女性用モスク)

▲豫園を離れて南に下る。交差点の陸橋から南西を眺めると、このような景色が続いている。この一体は、かつて城壁に囲まれていた上海の旧市街にあたる。かつて「南市」と呼ばれていた地域だ。このあたりは再開発がまだ及んでいないため、昔ながらの古い建物が…

【上海逍遥2014】(3)弄堂から見える下町の生活

▲久しぶりに店回家の西紅柿炒鶏蛋を食べられて大満足。食事を済ませて外に出ると、真っ赤な唐辛子をハサミで切っていた。こちらはたぶんお隣の四川料理屋さんじゃないだろうか。写真を撮っていると、「どうしてこんなの撮るかね…唐辛子が珍しいかね…ワハハw…

【上海逍遥2014】(2)理想の西紅柿炒鶏蛋を求めて

▲私がいつも行く店は、このあたりにある。 ▲『店回家小炒』…ここです。ここっていつも子供が遊んでいるけれど、ここの子供はいつまでたっても成長しないのか。次から次へと別の子供が生まれているのか、たまたま近所の子供達の遊び場になっているのか…真相は…

【上海逍遥2014】(1)弄堂(ロンタン)を歩く

中国で釣り旅をしようと思い、まず上海へ行ってみた。 上海は昔、住んでいたので、何かと馴染み深い街である。 この日は釣りをするつもりで外に出たが、ずっと雨がパラついて、今にも大雨が降り出しそうな空模様がずっと続いていた。予定していた釣り場は遠…

【中国・上海】失われた外国人墓地を求めて(BUBBLING WELL CEMETERY)

古地図の一片に見えた疑問をたどると、中国の近現代史が見えてきた 地図を読むのが好きである。特に、古い地図は面白い。1932年に作られた上海の地図なんかは、上海は今も存在する実在の都市であったとしても、地図に書かれている情報が今とは全く違う。…

【古地図比較】『上海ワールドフィナンシャルセンターの周辺に亀裂』というわけで、80年前の浦東・陸家嘴の状況を調べてみました

【写真4枚】『上海ワールドフィナンシャルセンターの周辺に亀裂』上海の地盤沈下は以前より問題となっているが、こうした亀裂も走っているのは不気味…上海は多くのビルが立ち並んでいる。ビルが重すぎるために地面が悲鳴を上げているのか? http://t.co/jdgF…

デジタル化された戦前の日本語雑誌『上海』と「1913年の南京事件」における日本人虐殺・国旗凌辱事件

昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧できます) http://bit.ly/6bfOoI — 黒色中国…

【中国・北京】1952年アジア太平洋地域平和会議における宋慶齢の上海訛りの演説

YOUTUBEで、1952年に北京で開かれたアジア太平洋地域平和会議における宋慶齢の演説の記録フィルムの一部と思われる動画を見つけました。 再生は以下から。