黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

写真・カメラ

フィルムローダーを発見!&現在のフィルムローダー入手方法

書庫の整理をしていたら、その最深部の片隅から古いダンボール箱をみつけました。 ▲開けてビックリ、中身は昔使っていた暗室道具でした。

海外通販のKodak ColorPlus200(コダック・カラープラス200)が届きました

▲こちらの記事が好評でしたが、とりあえず試しにイーベイ経由で台湾から10本購入してみたところ… ▲無事届きました!3月2日の夜に注文して、3月4日に台湾から発送、3月9日の昼に日本の家に着きました。

アルクレストを買いました

「アルクレストを買いました」ってそれだけ言っても普通の人にはわからないと思いますが、ニコンのプロテクションフィルターです。 ただ丸い金属の枠にガラスの板が入ってるだけで実売価格が5980円。安いものではありません。

業務用フィルムの値上げの件

一説によると、3割値上げで1本600円ぐらいになるのでは…とのこと。 せっかくフィルムカメラへの回帰を始めたばかりなのに…orz

レン・ハン(任航)の三回忌にカメラを買った件

2月24日は中国人写真家レン・ハンの命日なので、ツイッターでも追悼の意を表して服喪アイコンに変更しておいた。早いものでもう三回忌である。

カメラケースのお手入れ

フィルムカメラでの撮影を再会するに当たってやることは多く、ボディやレンズの清掃や、モルトの張替えなどに加えて、「カメラケースのお手入れ」というのがある。 こちらの写真はお手入れ後だが、やってみたら結構カンタンだった。

世界最小最軽量(と思われる)の巻き尺

写真撮影用の巻き尺がみつからない…という話を以前書いたが、あれからずっと小さい巻き尺を探し続けていた。 ▲ようやくみつけられたのがこれ。写真ではわかりにくいだろうが本当に小さい。

LOMO LC-Aのモルトプレーン交換(2)新しいモルトプレーンの切断と貼り付け

十数年ぶりにLOMO LC-Aの裏蓋を開けてみると、モルトプレーンが溶けていた…カメラの内部にこびりついたドロドロのモルトプレーンを念入りに除去して、やっと新しいモルトプレーンを貼る作業に…というのが今回の内容なのですが… ▲最初に断っておきますが、今…

LOMO LC-Aのモルトプレーン交換(1)古いモルトプレーンの除去

▲古いLOMOの中に入っているフィルムを撮りきって、裏蓋を開けてみたら、モルトプレーン(遮光性を高めるスポンジみたいなの)が加水分解でボロボロになっていた。 ▲そこで、モルトプレーンと無水エタノールを買ってきて、自分で交換してみることにしました。…

【カメラ修理事始め】モルトプレーンと無水エタノール

古いLOMOの撮影が終わって、裏蓋を開けてみたら、モルトプレーンがボロボロになってました。 これってどうにかならないかなぁ…と思って調べてみると、モルトプレーンの交換は素人でもカンタン?みたいだったので自分でやってみることに。それで、まずは材料…

【プアマンズ・コンタックスT2】京セラ・スリムTの復活

去年の暮からフィルムカメラ愛が再発して、ようやく撮影に出かけて、フィルムを現像に出してみたけど結果は惨憺たるものでした。 昔は、適当に撮って、とりあえず現像に出したらキレイな写真が出てきたんですけどねぇ… 原因がよくわからないので、とりあえず…

古いLOMOでの撮影が終わって裏蓋を開けてみると…

去年の暮から、防湿庫の片隅から発掘された古いLOMOを使い始めて2か月余り…やっとフィルムを使い切って裏蓋を開けてみたら… ▲中に入っていたのはアグファのVISTA400!やっぱりこれだったか。私の昔のお気に入りのフィルムでした。 ただ、モルトプレーンの劣…

セリアの「ブリックツールボックス」

▲こちらの記事をアップして、ツイートした後で、フォロワーの人に教えてもらったのですが、百均のセリアで似たようなものがあるとかないとか… それで早速探してみると… ▲ありました…(´Д⊂グスン

暗室作業用の白手袋が「進化」していた件

フィルムスキャンの環境が整ったので、それでは…実作業に…と思ったが1つ大事なものを忘れていました。 ▲白手袋…フィルムを扱うにはこれが必要不可欠ですが、中学生の頃の部活の暗室作業の時から、白手袋が大キライなのででした。

フィルム現像をしてみた結果…

正月明けに撮影してきたフィルムを現像してきたのですが、色々とわかってきましたので、こちらに記録しておこうと思います。

【フィルムケースとして使える】ハイタイド・タイニーコンテナー

前々から気になっていた「タイニーコンテナー」というものを買ってみました。カンタンに言うと、工具箱のカタチをした小さなブリキ缶です。でも、これがなかなか良いのです。

写真撮影用の巻き尺が見つからない

▲フォクトレンダー・ベッサLを実戦投入してみたところ、すぐに気づいたのは「距離計がないと不便」ということでした。 そんなもの、使う前からわかりきっていることですが、やっぱり距離計がないと不便です。 当初は風景みたいな写真しか撮らないと思ってい…

フォクトレンダー・ベッサLの使用感(ライカ3fとの比較)

去年12月に入手したフォクトレンダー・ベッサL。十数年越しでの願望をようやく実現したのですが、ようやく正月明けに撮影に出かけることができました。 1999年に発売、2003年に生産終了したカメラの使用感なんか今更書いても読む人はほぼいないと思いますが…

【EUREKA】新しいカメラを買いました

▲新しいカメラを買いました。「EUREKA」という聞き慣れないメーカーですけど、珍しくも「ライカM型」のコピー機だったし、安かったので衝動買いしてしまいました(^^)

反射光式露出計の復活

古いライカを再使用するにあたって、まず必要なのは「露出計」です。 昔は、露出計が無くても大丈夫なぐらいに露出の「勘」を鍛えましたが、十数年のブランクがあるので、改めて慣れるまでは「リハビリ」がいります。 数年前にも実家の物置を探したのだが、…

古いライカの革ケースの問題点とメンテナンス

古いライカのアイレットの問題がとりあえず解決したが、アイレットがあんなに削れていては先行き不安である。 ところが、これにはもう1つ別の対処法があって ▲革ケースを使えば、アイレットは削れない。 ただし、革ケースにも問題があって、今回はその件につ…

【除湿対策】自宅6箇所の湿度を測ってわかったこと

カメラとレンズの保管のために、自製防湿庫内の湿度を測ったところから始まった「湿度シリーズ」ですが、「湿度」は見えない上に、温度ほど敏感に感じられるものでもないので、けっこう「思い込み」と「実際」の差が大きいことに気付きました。 そこで湿度計…

電気を使うけど、電気を使わない小型除湿機?

▲湿度計で計測してみたら、自製防湿庫は全然防湿効果がなかった…というのが前回までのお話ですが、よく確認したら、私が防湿庫に使っている「洋酒棚」って結構隙間があってこれじゃ湿気は入り放題だわな…というものでした(´Д⊂グスン

フィルムスキャン作業の「2つの面倒」の解決法

古いスキャナーでもフィルムスキャンは充分できる…と書いたけど、試してみたら大きな手間が2つあった。 1つ目は、フィルムホルダーにフィルムをセットするのが面倒なこと。 2つ目は、ホコリの除去が面倒なことだ。 去年の暮から、その対策を考えていたのだが…

ダイソーの湿度計を計6個入手した理由

▲カメラとレンズを保管している自製防湿庫(単に洋酒棚に湿気取りを入れただけ)の実際の湿度を測ってみよう…と思い、ダイソーの湿度計を購入してみたところ、室内と自製防湿庫の湿度はあまり変わらない?というのがわかってきました。 ただ、湿度計は1個し…

ダイソーの湿度計でもわかる重要なこと

以前から気になっていたダイソーの湿度計を購入しました。 なぜこんなものが必要なのかというと、冬は乾燥するので加湿器を利用しているのですが、加湿器使用時の「加湿されてはいけない場所」の湿度が知りたかったからです。

ストリートスナップ専用フルサイズミラーレスカメラ(まだ言うかw)の完成

▲やっと入手できました!28ミリファインダー。フォクトレンダーの純正です。

リールカバーが耐衝撃性カメラケースとして使える!

▲というわけで、我が「フルサイズミラーレスカメラ」の用意は出来たのですけど、問題なのは外に持ち歩く時にどうするか。旅行とかで中国の遠隔地まで持っていくことも想定しているので、撮影をしない移動中などにはカバンの中に仕舞っておきたい。 ▲でも、我…

古いライカのアイレットが削れる問題を200円で解決(できるはず)

最近は、「スキャナーで簡単にフィルムをデータにできるから、別にデジカメ使わなくても、昔のフィルムカメラを使えばいいんじゃないの」というのに気づいて、1人で盛り上がっておりますけど、そうなりますと… 昔使っていたライカも復活させてやりたいと思い…

19年前の「フルサイズミラーレスカメラ」の近代化改修

昨日はかなり冗談めかして記事を書いたけど、私としてはかなり大真面目に、この19年前のフィルムカメラを、「現代のカメラ」として使おうとしているのであった。 ▲とりあえず、ここまで「近代化改修」出来た。カメラ全面の白文字は全部パーマセルテープで隠…