黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

写真・カメラ

2019年末、写真用フィルムの現在

去年の暮れあたりから、フィルムカメラ愛が再発しまして、この2019年はずっとフィルムカメラの日々でした。 フィルムカメラを使用再開するにあたって、一番困ったのがフィルム。でも1年続けてみると、いろいろとわかりましたので、同好の皆さんのためにも、…

【中国製二眼レフカメラ・海鴎4B研究】(8)セルフタイマーの復活

▲私の海鴎4Bはセルフタイマーの動きが悪く、全く動作しなかったのですが、注油したら動画のようにスムーズに動くようになりました。 こういう情報、誰の役に立つのか不明ですがw、あんまり嬉しかったのでブログに記録しておきます。

220の白黒フィルム(新品)がまだあった!

中判フィルムカメラには一般的なブローニーフィルム(120)の他に、裏紙を使用せず撮影枚数が倍になる「220」という規格があります。 ブローニーフィルムはまだ使う人が少なくないようで、35ミリフィルム同様に生産されているし、種類も多いけど、220はすっ…

【中国製二眼レフカメラ・海鴎4B研究】(7)仰向けに置くと不安定でテーブルが傷つく問題

▲海鴎4Bを使い始めてから、ずっと気になっていたのだが、テーブルに仰向けにして置くと、なぜか「カタカタ」と音がして、安定しないのである。 ▲それは背面中央にある赤窓の開閉に使う「突起」があるために、テーブル上では傾いて真っ直ぐにならないことが原…

【中国製二眼レフカメラ・海鴎4B研究】(6)とりあえずバラしてみました

実は、すでにフィルムを1本使って撮影を済ませている。撮影した写真はこちらでは公開しないが(近所や家族ばかりなのである)、いろいろと思うところがあった。 ようするに、「手を加えて」やらないと、このままでは使いにくい、画質や操作感も問題がある…と…

【中国製二眼レフカメラ・海鴎4B研究】(5)速写ケースにつける革ストラップ

▲速写ケースをお手入れしてやると、つい愛着が湧いてしまって、これを本格的に使えないかと考えだした。 ただ、そこには2つ解決せねばならないことがある。 ▲ストラップをご注意いただきたい。海鴎二眼レフの有名なストラップだが、このペラペラのナイロン製…

ロモグラフィーのブローニーフィルムが意外に安かった件

▲最近は中国製二眼レフカメラにハマっていますが、カラーで撮影したくて、まずはフジのフィルムを買いましたけど、1本千円ぐらいなので、結構割高です。 もうちょっと安いのがないかなぁ…と思っていたら ▲ありました!ロモグラフィーの商品って割高なんだろ…

【中国製格安白黒フィルム】上海GP3(ブローニー判)を入手しました!

もう最近の黒色中国BLOGは私の趣味全開になってますけど、最近はツイッターの方で中国の話、こっちは趣味…みたいな区分けになっています。最近のツイッターは疲れるんです。せめてブログぐらいは自分の癒やしの空間でありたいw。そして上海GP3。調子にのって…

【中国製二眼レフカメラ・海鴎4B研究】(4)ローライフレックスの内面反射の防止策

▲速写ケースもキレイになったことだし、そろそろ写真撮影を…と思いましたが、 ロシア製カメラ&中国製カメラの攻略ガイド―激安&珍品&おもしろカメラを満載! (Gakken camera mook―カメラGET!スーパームック) 出版社/メーカー: 学研 発売日: 2003/08 メディア: …

【中国製二眼レフカメラ・海鴎4B研究】(3)速写ケースのお手入れ

40年前以上に生産され、10年以上前に入手した二眼レフカメラ…海鴎4B。それをちゃんと使えるようにするため、入念な手入れを始めたわけですが、とりあえず着手しやすいところからやろうと思いまして… ▲今回は速写ケースのお手入れをしてみました。

【中国製二眼レフカメラ・海鴎4B研究】(2)ファインダー清掃

▲第1回でも書きましたが、とにかく40年ぐらい前の古いカメラなので、アチコチ手を加えてやる必要があります。そこで、最もカンタンなファインダー清掃から始めて見ることにしまいた。 ▲フォーカシングスクリーンに取れないホコリや液体?のシミみたいなのが…

【中国製二眼レフカメラ・海鴎4B研究】(1)なぜ今、海鴎4Bなのか

最近、「海鴎4B」という中国製二眼レフカメラにハマっているのですが、日本でもそれなりに人気のカメラみたい?だけど、あまり情報がない。あっても、細かい情報が散逸していることが多いので、私の方で把握していることを愛好家の皆さんと共有するために、…

中国製格安白黒フィルム・上海GP3の上海剣誠実業有限公司の驚くべき海外戦略

▲こちらの記事は、白黒フィルムが好きな皆さんに好評だったみたいで、見かけのRT数以上に、たくさんの人に読まれました。ありがとうございます(^^) その後も上海GP3のことは調べているのですが、意外な発見が連発してありましたので、こちらにご紹介しておき…

【中国製格安白黒フィルム】上海GP3(35mm判)を入手しました!

bci.hatenablog.com ▲以前から気になっていた中国製白黒フィルム「上海GP3」。ずっとブローニー判しか見かけなかったけど、35mm判をイーベイで発見しましたので、早速入手してみました! ▲大体、注文から10日で着きました。

ライカM3にJupiter-8 50mm F2.0で試写してきました

今年の盆休みの課題として、今後フィルムカメラでの撮影を本格的に再始動させるるため、手持ちの器材全部で撮影をし、各レンズの描写能力やフィルムとの相性、それと各現像所の仕上がりなどを比較しよう…と考えている。 その手始めとしてライカM3を持ち出し…

GUのKODAK(コダック)Tシャツをゲット!

私も流行に遅れまじ…と、いま話題の「ブツ」を手に入れました!

【いま最も安い白黒フィルム?】上海GP3の35ミリ判があった!

▲去年の暮れから始まったフィルムカメラへの回帰で、色んな問題が出てくるわけですが、白黒をやるにあたって困るのがフィルムの入手。35ミリのは海外から100フィートで購入できるのですが、ブローニーの安いのがなかなか見当たらないのですね。 ▲ただ、中国…

引き伸ばし機の入手方法

ついに書庫の最深部からコレをサルベージした。まるで巨神兵を掘り出したような気分だ(^^) pic.twitter.com/3YundM7UF4 — 黒色中国 (@bci_) May 24, 2019 もう、最近はすっかりフィルム写真にハマりまして(笑)、ようやく書庫の奥から、昔使っていた引き伸…

最小の引き伸ばし機を探して

世の中は米中貿易戦争とファーウェイ問題で大騒ぎになっているが、最近の私は、すっかりフィルム写真にハマってしまって、中国関係のことを書く気はない。 ただ、アレコレと調べている内に…他にこんなことに興味を持つ人がそうそういるとは思えないのだが…た…

フィルム現像用の薬品が届きましたが…

最近はもうすっかりカメラかメシのことばかりで、「黒色中国」ってなんのブログだったのか忘れるぐらいの勢いですが、ついにフィルム現像用の薬品が届きました。 ただ、1つ気になることが書かれていたのでした…

家の中で宝物を発見!未使用の白黒フィルムが大量に出てきました\(^o^)/

書庫の整理をしていたら、未開封のダンボール箱がありまして、それを開けて中を見ると… ▲4つ切りの印画紙と未使用のフィルムが!

白黒フィルムの現像タンクが届きました

▲写真フィルムの終焉がまた1つ近づいてきたので、私は白黒フィルムの自家現像を始めようと思ったのでした。 カラーフィルムは更に値上がりして、入手困難になって、現像なんかも高くなりそうですが、白黒フィルムはまだまだ供給が続きそうですし、自家現像す…

富士フィルムの写真フィルム値上げと白黒フィルムの再生産?

◆富士フイルム、写真フィルム製品を6月より値上げ https://t.co/3vdBo5WkAB 対象製品には、風景写真などで定番となっているリバーサルフィルム「ベルビア50」や、カラーネガフィルム「フジカラー SUPERIA PREMIUM 400」のほか、レンズ付フィルムの「写ルンで…

フィルムローダーを発見!&現在のフィルムローダー入手方法

書庫の整理をしていたら、その最深部の片隅から古いダンボール箱をみつけました。 ▲開けてビックリ、中身は昔使っていた暗室道具でした。

海外通販のKodak ColorPlus200(コダック・カラープラス200)が届きました

▲こちらの記事が好評でしたが、とりあえず試しにイーベイ経由で台湾から10本購入してみたところ… ▲無事届きました!3月2日の夜に注文して、3月4日に台湾から発送、3月9日の昼に日本の家に着きました。

アルクレストを買いました

「アルクレストを買いました」ってそれだけ言っても普通の人にはわからないと思いますが、ニコンのプロテクションフィルターです。 ただ丸い金属の枠にガラスの板が入ってるだけで実売価格が5980円。安いものではありません。

業務用フィルムの値上げの件

一説によると、3割値上げで1本600円ぐらいになるのでは…とのこと。 せっかくフィルムカメラへの回帰を始めたばかりなのに…orz

レン・ハン(任航)の三回忌にカメラを買った件

2月24日は中国人写真家レン・ハンの命日なので、ツイッターでも追悼の意を表して服喪アイコンに変更しておいた。早いものでもう三回忌である。

ローライ35LEDの復活

今年の黒色中国は「写真」に力を入れようと思い、とにかく手持ちのフィルムカメラ全てを1度はフィルムを入れて撮影してみよう…ということで、片っ端に(実は台数がかなりある)撮影をしているのですが… 防湿庫の片隅から、ついにコイツがでてきました(^^)

【アサヒカメラ1994年5月増刊】MODERN CHINESE PHOTOGRAPHERS 誰も知らなかった中国の写真家たち

最近は、ヒマがあると実家の書庫の整理をしているのですが、そうすると懐かしいものが出てきました。 1994年に発行されたアサヒカメラの増刊号「MODERN CHINESE PHOTOGRAPHERS 誰も知らなかった中国の写真家たち」という本です。これは、その後の私の人生を…