黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

三峡ダムの決壊に関する誤解について

SPONSORED LINK

ツイッターで表題の件が話題になっておりまして、こういう話は数年置きに繰り返されるので、私はちょっと飽きているのですが、今年はいつもより大きめの騒ぎみたいですので、こちらでも解説しておきます。

【目次】

「145メートル」は「危険水位」ではない

▲中国でも話題になってるようで、昨日付けでこんな環球時報の記事があがっています。

「三峡ダムの洪水防止制限水位を2メートル近く越えた」は何を意味するのか』というタイトル。

洪水防止制限水位(防洪限制水位)が何故か日本では「危険水位」と訳されて、それを2メートル越えた!ヤバい!決壊するぞ!と大騒ぎをしている人がいる?のでしょうか。

まずはそれが誤訳だというのを認識しないとイケません。

水位175メートルでも平気w

細かい説明をする前に1つお見せしたいものが

▲三峡ダムで175メートルの貯水に成功した…という2017年10月12日の記事。

別にとんでもない洪水があって、それにシッカリ耐えたぞ!という話ではなくて、

f:id:blackchinainfo:20200625221847p:plain

▲2010年以来、8年連続で175メートルの貯水に成功しているのでありました。

f:id:blackchinainfo:20200625222123p:plain

▲「今回の175メートル実験性貯水は9月10日に始まり、貯水開始時の水位は155メートルだった…」と書いてます。つまり開始時で、ツイッターで「危険水位」と騒がれている145メートルを10メートルも越えているw

上掲のサイトを見ると、水位175メートル到達の証拠写真も出てますので、そちらをご参照ください。

「洪水防止制限水位」とは何か?

情報を整理して要訳すると、

  • 三峡ダムの堰堤の高さは185メートル
  • 175メートルまでは貯水可能
  • 増水期でなければ、給水、発電、灌漑などに利用するため、水をたくさん貯めている。
  • 増水期には洪水に備え、水位を下げる。その際の制限水位が145メートル。
  • つまり、それを2メートル越えて147メートルというのは、想定内のことで、危険でもなんでもない。
  • ちなみに2017年の175メートル貯水試験の際は、9月10日に水位155メートルから貯水を開始して、175メートルになったのが10月20日。水位を20メートル上げるのに40日間かかっています。

他に、三峡ダムが歪んでいるという説が見られますが、ツイッター検索で調べたら諸説出てくるので、こちらで回答は繰り返しません。ただ、本当に歪んでいたとしても147メートルの水位に耐えるのなら、充分な強度があるのではないでしょうか。我々としては、まず自分の認識の歪みを気にした方が良いでしょう。