黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

扎肉はもともと香港の食材じゃなかった件

SPONSORED LINK

現在、香港の麺料理の自作に取り組んでいるのですが…

f:id:blackchinainfo:20181208140640j:plain

▲左上の黒いモジャモジャ…紫菜…つまり海苔は意外と簡単に手に入ったものの…

f:id:blackchinainfo:20181208140608j:plain
▲これが何なのかよくわからない。いつも美味しく食べているんだけど、これは一体何なのか…香港の友人に聞いてみたら、意外な答えが返ってきました…

扎肉はベトナムのソーセージだった

アレは「扎肉」(zharou)という名前なのですが、中国や香港のものではなくて、本来はベトナムのものだそうです。

▲こちらの解説を読むと、

扎肉〈Giò lụa、Chả lụa〉又称猪肉扎,英文名:Vietnamese Sausage ,越南食品。多以以猪肉薯粉鱼露制成,也有牛肉的版本。同时可加入胡椒粒猪皮猪耳等以制成不同的风味。有指扎肉来源是有法国式香肠的影子,因越南曾为法国殖民地

豚肉とデンプンとニョクマムから作られるもので、英語では「ベトナミーズ・ソーセージ」と呼ばれ、元宗主国のフランスのソーセージの影響を受けているそうです。

香港はベトナムに近いのと、ベトナム戦争の時に難民を受け入れているので、そのせいで、ベトナムのソーセージが香港の麺料理の具材として定着している?のかも知れません。

最近は、香港の食べ物を自作するのが、私のライフワークになりつつあるんですけど、なかなか難しくて、調べていると「そもそも香港・中国のものではなく、外国のものだった」というのがある…といういかにも国際都市・香港らしいエピソードなのでした。

とにかく、日本でベトナミーズ・ソーセージを入手する方法を考えなくてはいけません…

ベトナム家庭料理入門―台所にあがりこんで教えてもらった味

ベトナム家庭料理入門―台所にあがりこんで教えてもらった味