読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

同性愛男子を無理矢理に精神病院へ入れて「矯正治療」=中国河南省

LGBT
SPONSORED LINK

最近、中国では同性愛関連のニュースが多いのですが、ちょっと驚きの内容だったので、こちらでも紹介してみようと思います。

要訳すると、

  • 中国河南省の同性愛男子が家族により精神病院に強制入院させられ、19日間に及ぶ「転向治療」を受けさせられた。
  • 32歳の余虎さん(仮名)は、妻により同性愛が発覚後、双方が協議離婚を準備していた。
  • しかし2015年10月8日、妻と共に離婚手続きをするはずだったのに、妻と兄、父母が縄で縛って、余虎さんを精神病院に連れて行った。
  • 余虎さんは、自分は病気ではないと主張し、サインを拒否し(訳注:精神病院の入院には本人同意のサインが必要)、解放を要求したが、妻がサインし、病院は「性偏好障碍」(訳注:たぶん日本語なら「性的嗜好偏向障害」になるのでしょうか)の名義で、余虎さんを強制入院させ、縄で縛って薬を飲ませた
  • 2015年10月26日、余虎さんの友人たちが警察に通報し、精神病院は余虎さんの退院に同意した。この時、余虎さんは19日間の強制治療を受けさせられていた。
  • 2016年5月17日、余虎さんは精神病院を相手に訴訟を起こし、強制入院と退院の禁止は身体的自由権の侵害に当たるとして、謝罪と慰謝料1万元を要求した。
  • この裁判は9月21日に開かれる。
  • 余虎さんが退院した後も、「矯正治療」を必要とする家族の気持ちは変わらず、余虎さんはまた入院させられるのを恐れ、妻と離婚せずに家を出て、別の町で男友達と一緒に暮らしアルバイトをしている。

同性愛男子が矯正治療させられる背景

中国では最近まで一人っ子政策があったせいで、家を継ぐ男子ではなく女子ができれば堕胎することが少なくありませんでした。そのせいで男子が多く、女子が少ない社会になっています。

そうした中で、男子が生まれ、結婚したけれど、実は同性愛だった…というのは、家族にとっては問題だったのでしょう。この文の中には子供のことが出てこないのですが、たぶん余虎さんには子供がいないのでは…。

それと、先程のニュースでは、北京にある「同志平等権益促進会」という組織(「同志」とは同性愛者のこと)の人のコメントが続きます。

  • 同性愛者が中国で治療させられる状況は、実は普遍的です。我々の組織でも月に5~6件の救助が寄せられています」
  • 「この種の治療は精神病院の他に、個人診療所、普通の病院の精神科、心理科でも行われています。」
  • 「最も重要なのは、彼等は大きな経済利益をもたらすことです。同性愛者の治療では高額な治療費を得られます
  • 「例えば、重慶のある診療所の場合、同性愛治療の費用は3万元(現在のレートで45.6万円)でした。」
  • 「但し我々の調査によると、同性愛治療を受けて、良くなった例は1つもありません

要するに、跡取りを望む家族につけこんで、病院が治せもしないのに治療費を荒稼ぎしている…という状況ではないでしょうか。

関連記事