黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

香港の窓、深センの窓

今日は朝からたまたま香港の窓の話題がツイッターで出たので、こちらにもその内容をまとめておこうと思う。

香港は暑いので、クーラーが欠かせられないわけだが、そもそもオフィスビルの窓は開かなかったり、一般の住宅では窓を開けられても、網戸をつけてない、つけられないような構造の窓が珍しくない。

f:id:blackchinainfo:20181212112343j:plain

▲たとえば、こんな感じ。窓の1つ1つが小さくて、それを横にスライドさせるのではなく、外に押し出して開けるようになっている。その上で鉄格子みたいなのが入っている。この鉄格子は一般的に開閉ができるようになっている。洗濯物を干す時などに鉄格子をあける必要があるからだ。鉄格子は鍵をつけて固定できるようにもなってたりもする。

続きを読む

なぜ日本には「写真雑誌」が根付かないのか

私は写真が趣味なので、普段RTするツイートに写真関連のものが多いのですが、そうやってツイッターを9年もやっていると、写真関連アカウントの相互フォローが増えました。それでよく見かけるようになったのが「IMA ONLINE」というアカウント。

当初は、「アートフォト専門のサイトなのか…」とばかり思っていたので、今まで全然気づかなかったのですが…

f:id:blackchinainfo:20181213214416j:plain

IMA」という雑誌があるのですね。いやー…早く言ってよ…写真雑誌大好きなのにw。アカウントのプロフに書いてないから全然気付きませんでした。

続きを読む

仙術超攻殻オリオン、セクシーサイボーグナオミ、落合陽一…的な世界の始まり

士郎正宗の漫画は昔から好きで、全部読んだのですが、私としては『攻殻機動隊』よりも、『仙術超攻殻オリオン』の方が好きだったりします。

f:id:blackchinainfo:20181212204639j:plain

▲単行本が出てすぐ読んで、くり返し読んで、引っ越しを繰り返す内に紛失してしまったので、写真は数年前に買い直したものです。

どうして『仙術超攻殻オリオン』の方が好きなのか…というと、私自身が中国語を学び、中国の文化に関心が強いから…というのはあるんですが、正直なところを言うと、『攻殻機動隊』よりも、『仙術超攻殻オリオン』の方に、未来を感じるし、「リアルな未来」のような気がしていたから…なのです。

続きを読む

ゴールデンクラブオイル(たぶん、香港で最上級だったカニ入りのラー油)

ラオガンマのネタは投下から1週間過ぎてもまだツイッターで話題にのぼる。この機会にわかったのだが、日本でもかなり幅広く色んな人がこの調味料を愛好していたらしい。

「黒色中国はラオガンマを食べたことがなかったのかww」と度々言われるので(ちょっと悔しいw)、私が香港に居た頃に常食していたラー油をこちらにご紹介しようと思う。

続きを読む

【中国で猛威を振るう】アフリカ豚コレラの状況について

今年8月に中国で感染が確認されて以来、「厳戒態勢で根絶を目指す」としながらも、拡大し続けるアフリカ豚コレラ。日本で伝わってくる情報は断片的であるため(実は中国では豚コレラ関連報道ってもっとたくさんあるのです) 、現状が把握しにくくなっています。

そこで、こちらにカンタンながら情報をまとめておこうと思いました。こちらの記事は随時更新です。

続きを読む

ファーウェイ創業者の「軍歴」とはどんなものか?

 最近、毎日ニュースで報じられる「ファーウェイ」という中国企業…創業者が解放軍出身者というのは有名な話で、だからファーウェイはアブナイ!ヤバイ!…という話をする人がいるわけですが、そもそもファーウェイ創業者の軍歴とはどんなものなのでしょうか?

続きを読む

古いカメラと古いストロボの再利用(10年以上使ってなかったLOMOを例に)

ひょんなキッカケから、古いLOMOを取り出して、もう一度使ってみよう!と思い始めたのですが、もう10年以上使っていなかったカメラを再利用するのはちょっとひと手間要りますね。

古いカメラを使ってみよう!…でもカメラの清掃ってやったことないんだけど…」という人も世の中には少なくないでしょうから、参考まで、私の「ひと手間」をこちらに公開しておきます。

続きを読む

中国で飼育されている豚の総数

60万頭以上の豚が殺処分!

2010年に発生した宮崎県の口蹄疫で殺処分された豚の頭数が29万7808頭なので、その2倍ですね。

私の中国の友人も、「最近、豚肉の価格が高騰しているんだよ」と言っているのですが、ところで、中国って全体で一体何頭の豚が飼育されているのでしょうか?


iask.sina.com.cn

▲こちらによると、

全世界一共有10亿多头猪,而其中 超过半数饲养在中国

とあります。全世界で10億の豚が飼育されており、その半数以上が中国にいる…と。

www.globalnote.jp

▲こちらによると、2016年のデータでは、世界の総数が9億8千万以上、中国では4億5千万以上が飼育されている…とのことなので、「半数を超える」には及ばないものの、ソレに近い数字が出てきました。

f:id:blackchinainfo:20181211134003j:plain

 ただ、4億5千万の内の60万頭…って、0.13%ですね。

同じページの情報によれば、日本で飼育されているのは931万頭だから、その中で60万頭は6%に相当します。

「60万頭」という数字を見ると、その大きさに驚きますが、中国は国も大きく、人口も多く、飼われている豚の数も日本とは比べ物にならないので、こうした数字に接する時はちょっと落ち着いて見る必要がありますね。 

豚インフルエンザの真実 人間とパンデミックの果てなき戦い

豚インフルエンザの真実 人間とパンデミックの果てなき戦い

扎肉はもともと香港の食材じゃなかった件

現在、香港の麺料理の自作に取り組んでいるのですが…

f:id:blackchinainfo:20181208140640j:plain

▲左上の黒いモジャモジャ…紫菜…つまり海苔は意外と簡単に手に入ったものの…

f:id:blackchinainfo:20181208140608j:plain
▲これが何なのかよくわからない。いつも美味しく食べているんだけど、これは一体何なのか…香港の友人に聞いてみたら、意外な答えが返ってきました…

続きを読む

【香港のラーメンを自作したい!】(1)中国の紫菜は日本で手に入るのか?

私は数ある中華系の料理の中でも、香港の麺料理が好きでして…

f:id:blackchinainfo:20181206215324j:plain

▲特に、この手のものが好きなのですね。伊麺、魚団子、イカ団子などが入っててラー油かけて食べるのが大好き。

そこで、これを日本にいても作れないものだろうか…と考え始めたわけです。

▲実は、先日のラオガンマを入手したのも、香港麺自作のための第一歩だったわけですが…

1つ入手困難と思われる材料として、「紫菜」がありました。

続きを読む