読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

中国軍のJ-10戦闘機が墜落、原因はバードストライク?

SPONSORED LINK

f:id:blackchinainfo:20161004095000j:plain

ネットでの情報によると、9月28日に中国天津市で、中国軍のJ-10戦闘機が墜落した模様です。

原因はバードストライクか? 

▲こちらのニュースを要訳すると

  • J-10(殲撃十型)戦闘機がバードストライクによりエンジンが故障
  • 天津市にある武清南湖公園の芝生に墜落したが、死傷者はなし。
  • パイロットはパラシュートで脱出に成功。
  • この戦闘機は楊村飛行場を飛び立ったもので、中国空軍24師に配属のものと思われる。

f:id:blackchinainfo:20161004095005j:plain

▲【参考写真】写真は墜落したJ-10戦闘機の同型機。

場所:中国天津市武清南湖公園

▲墜落地点はこちらになります。グーグルマップでは「武清南湖遊楽園」という名称です。天津市の中心地から北のはずれにある地域ですね。農地が多いようです。この公園の北西に空港らしき姿が見えます。

f:id:blackchinainfo:20161004101202j:plain

▲楊村飛行場から墜落した公園までの距離は約5km。原因はバードストライクという説がありますが、中国空軍からの公式発表ではなく、どのような証拠に基づく説なのかは不明です。

追記:墜落機の所属部隊について

記事中に、墜落機は中国空軍第24師団の所属とありましたが、この師団がどのような役割を持つのかを調べようとしたところ、意外な情報がわかりましたので、追記しておきます。

▲百度知道(ヤフー知恵袋みたいなの)に掲載されていた「いつも天津市武清区の上空に戦闘機がいるのは何ですか?」という質問。

社会主義の国で、こんな身も蓋もない質問をネットでやってていいのか…と思いましたが、ちゃんと回答がありました(!)

武清附近的杨村有个军用机场,是八一飞行表演队的驻地,所以经常有飞机起降

武清付近の楊村には軍用飛行場があり、八一飛行表演隊の駐屯地です。だからいつも飛行機が離着陸しているのです。

八一飞行表演队是世界四大第三代超音速飞行表演队之一,主要任务是对外迎宾和礼仪特技表演飞行。目前使用的机型是国产 歼-10 战斗机:

八一飛行表演隊は第三世代超音速アクロバット飛行チームの世界的に有名な4つの内の1つであり、主要任務は、外国からの賓客をお迎えする時と式典の際の展示飛行である。現在使用されている機体は国産のJ-10戦闘機である。

f:id:blackchinainfo:20161004174400j:plain

▲【参考写真】八一飛行表演隊

▲八一曲技飛行隊がどこの師団に所属するのかを探してみたところ

隶属空军歼击航空兵第24师。

空軍殲撃航空兵第24師団に所属する

空24师所辖航空兵团:第70团、71团、72团,112团(空军八一飞行表演大队)。

空軍第24師団に所属する航空兵団は:第70団、71団、72団、112団(空軍八一飛行表演隊)である

つまり、今回墜落したJ-10の所属は、中国空軍殲撃航空兵団第24師団第112団(八一飛行表演隊)ということになると思われます。

先にも書きましたが、今回の墜落は、中国のネット上では「バードストライクが原因」との情報がありますが、中国で公式の情報が出ていない状況で、一体誰がその瞬間を見て、証拠をもってその情報を発信したのかは不明です。

ただし、よく考えると、今回墜落した戦闘機は、中国を代表する世界4大曲技飛行隊の1つ…日本でいえばブルーインパルス…に相当するような有名なアクロバット飛行チームですから、「機体の故障」とか「操作ミス」で墜落したとは公表できるわけもなく、とりあえず非公式ながら、原因を「バードストライク」ということにしておいた方が、面子は保たれる…という大人の事情があっても、不思議ではありません。

中国航空戦力のすべて 中国のテクノロジーは世界にどれだけ迫っているのか? (サイエンス・アイ新書)