黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

鯉釣り百匹

【鯉釣り百匹】(8)フックに関する考察

私がパンコイを始めた当初、2号のオフセットフック(写真上)と6号のマスバリ(写真下)を状況に合わせて使い分けていた。 ▲こちらでも、そのように書いている。ただし、鯉釣り百匹のチャレンジを始めてから、何十匹と鯉を釣り上げている内に、この2つは非常…

【鯉釣り百匹】(7)ランディングのコツとフックの外し方

鯉釣りは、鯉の居場所さえわかったら、それほど難しい釣りではないと思います。ただし、ランディングからリリースまでが大変な魚種です。1メートルを越すような大物になると、玉網でランディングするのも大変であろうし、無理して巨鯉を引き上げれば魚体を傷…

【鯉釣り百匹】(6)釣果記録(25匹目~41匹目)

去年の暮から体調を崩し、寒いこともあって鯉釣りから長らく遠ざかっていました。春を迎えてそろそろ…と思っていたところ、多忙が続きましたが、6月になってようやく今年初の釣行ができました。 今回の釣行では全部で21匹を釣り上げ、その内の4匹は訳あって…

【鯉釣り百匹】(5)釣果記録(15匹目~24匹目)と今後の課題

去年、鯉釣り百匹の目標を掲げて、冬の間も釣りを続けるつもりであったが、長く体調を崩した上に仕事が立て込んでしまい、釣りに行くことが出来なくなってしまった。 最近になって、鯉釣り再開の目処がたってきたので、まずその前に去年の釣果をこちらにまと…

【鯉釣り百匹】(4)なぜかパンコイでナマズが釣れる…

パンコイをやっていると、なぜかナマズが釣れますね。 ナマズを狙って釣っている時はなかなか釣れないのに、パンコイをやってると、何の苦労もなく釣れてしまう。これって一体何なんだ?と不条理な気分になりながらも、やっぱりナマズが釣れると嬉しいです(…

【鯉釣り百匹】(3)フライタックルでもやってみました

都会のコイはフライで釣れ!―半日あれば楽しめる都市河川のビッグゲームマニュアル 作者: 藤田克昌 出版社/メーカー: つり人社 発売日: 2001/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ▲鯉釣りを本格的に始めようとした時に、こちらの本を見つけました…

【鯉釣り百匹】(2)パンコイ、私の釣り方

中国でコイ科大型魚を釣り上げるべく、鯉釣り修行を始めることにしましたが、伝統的な手竿によるウキ釣りとか、ブッコミ釣りよりも、パンコイは簡単で必要な道具も少なく、鯉を探して釣り歩く「攻め」の釣りができますから、まずはパンコイで訓練することに…

【鯉釣り百匹】(1)なぜ鯉釣りなのか?中国の釣り事情について

去年から中国での釣りを初めて色々試してみたのだけれど、中国でルアーで釣れる有名な大型魚のガンユイやチャオズイなどは、そもそも釣れる場所まで行くのが大変であるし、なかなか釣れない魚だ。 中国で釣り場を求めて、ネットで調べたり、現地で話を聞いて…