黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

【iPadの外部キーボードについての考察】(4)Incase Origami Workstation CaseとATOK 日本語入力キーボード

SPONSORED LINK

Incase Origami Workstation Caseとは?

Apple Wireless Keyboardのメリットはわかってきたものの、キートップが外れるかも?というリスクに対応しないといけません。

f:id:blackchinainfo:20160229221759j:plain

▲そこで見つけたのがこんなものでした。折り目にご注目下さい。

f:id:blackchinainfo:20160229221800j:plain

▲裏面はこんな風になっております。2つ見えるのはベルクロです。

f:id:blackchinainfo:20160229221805j:plain

▲ベルクロを外して開けるとこんな感じ。

f:id:blackchinainfo:20160229221806j:plain

▲この部分にApple Wireless Keyboardをはめ込みます。

f:id:blackchinainfo:20160229221750j:plain

▲Apple Wireless Keyboardをはめ込んだ状態。しっかり固定しているので、簡単にはズレません。

f:id:blackchinainfo:20160229221746j:plain

▲ケースを折り目にそって折り、ベルクロを固定すると…

f:id:blackchinainfo:20160229221817j:plain

▲このようになります。この山型の部分に…

f:id:blackchinainfo:20160229221818j:plain

▲iPadを置くことができます。

f:id:blackchinainfo:20160229221741j:plain

▲縦置きもできます。

Incase Origami Workstation Caseの問題点

f:id:blackchinainfo:20160229221751j:plain

▲この機構はありがたいのですが、iPadの角度を変えられないのが困り者です。

f:id:blackchinainfo:20160229221743j:plain

▲ベルクロを止める位置を変えてもギリギリこれぐらい。あんまり開き過ぎると、ベルクロが外れてiPadが倒れます。

f:id:blackchinainfo:20160229221818j:plain

▲それと、iPadの位置がキーボードから離せられないのも私的にはあまり好きになれません。

ダイソーのタブレットスタンドとの併用

f:id:blackchinainfo:20160229221821j:plain

▲そこでダイソーのタブレットスタンドにご登場戴くことにしました。

f:id:blackchinainfo:20160229221822j:plain

▲これだとiPadの角度を自由に変えられますし、ベルクロが外れてうっかりiPadが倒れる心配もありません。

f:id:blackchinainfo:20160229221748j:plain

▲タッチパッドスタンドの兼用の場合、せっかくのIncase Origami Workstation Caseは単なるキーボードカバーになってしまうわけですけど、Apple Wireless Keyboard用で、これ以上に頑丈なカバーも他に存在しませんから、とりあえずこれで良いのかな、と。

f:id:blackchinainfo:20160229221747j:plain

▲最も開ききった状態でこれぐらい。ここまで開くのなら、別にスタンドを使用しなくても、お風呂の蓋を巻いて角度をつければ充分かと思いますが…。

f:id:blackchinainfo:20160229221823j:plain

▲当然のことですが、このようにiPadからキーボードから離して使用することも可能です。

結局のところ、Incase Origami Workstation Caseとタッチパッドスタンドを併用し、使用環境や気分に合わせて…

  • Incase Origami Workstation Caseだけで使う⇒iPadの開角度は若干窮屈
  • Incase Origami Workstation Caseにタッチパッドスタンドを組み合わせて使う⇒iPadの開角度はかなり自由になる。
  • Incase Origami Workstation Caseは単なるカバーとして、iPadは「お風呂の蓋」で角度をつけて使用する

…という風に、お互いの長短をカバーしながら、3つ方法を使いわければ良いのかな…という結論になりました。

 Apple Magic Keyboardについて

▲アップルの純正キーボードという点では、去年の秋頃から発売されているMagic Keyboardというのがありまして、Wireless Keyboardよりも少し小さく、軽いようですけど、お値段は高め。それと、私みたいに中国や日本国内でのバックパック旅行にキーボードを持ち歩く場合、衝撃吸収をしてくれるしっかりしたケースが欲しくなります。Magic Keyboard用のケースを探してみたのですが、まだそれらしきものが発売されていない?ようです。米国のアマゾンをのぞいて見るとあるんですけど、ネオプレーン製とかですね。

できれば、Magic Keyboard用のIncase Origami Workstation Caseが発売されたらいいんですけど、それも見当たりません。

▲こちら、Incase社のウェブサイトですけど、そもそもOrigami Workstation Caseはもう取り扱いがありませんので、Magic Keyboard用が開発される見込みもなさそうです。

Magic Keyboardへのリプレースは、カバーが出揃うのを待って検討しようと思っています。

Incase Origami Workstation Caseの入手方法

というわけで、iPad用の外部キーボードについては、自分なりの解決を得たわけですが、iPad&Apple Wireless Keyboardの環境でモリモリと長文を入力している時に気になるのはIMEが使いにくい…ということですね。これは既に多くの方が指摘していますけど、AppleがiPad用に提供している日本語入力キーボードはかなり問題が多いです。

ATOK -日本語入力キーボード

ATOK -日本語入力キーボード

  • JUSTSYSTEMS CORPORATION
  • ユーティリティ
  • ¥1,600

iPadの日本語入力の問題について検索すると、ATOKの導入を勧める記事がいくつか見当たりますが、私もそれらの記事を読んで、すっかりその気になって購入しようとしたところ…よーく確認してみると、ATOKは外部キーボードでは使用できないことが判明しました。どうやら、アップル社の都合らしいのですが…orz。

iPadは、日本語入力の問題さえ解決すれば、もっと日本でも普及すると思うのですが、なぜか未解決のまま放置されているようです。「問題」と言っても、全く入力できないほどヒドイものではないので、我慢すればいいわけですが、やはり長文入力になると我慢もキツくなってきます。アップル社には一日も早く日本語入力の改善か、他社の日本語入力も参入できるようにしてほしいものです(終)。

関連記事