読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

私のブログのiPad2の記事へのアクセスが多い理由がわかりました!

SPONSORED LINK

f:id:blackchinainfo:20160229221807j:plain

今年の3月11日で発売から丸5年となったiPad2。私は2012年から入手して、ほぼ毎日のように使ってますけど、これを持ち歩いて「いまだにiPad2なの?」と言われることは全くなく、どちらかと言えば珍しがられるというのか、「便利そうですねぇ…私も欲しいです」と言われています。

 たまたま私が普段会っている人たちが、新しいデジタルガジェットに関心の低い人が多いためかも知れませんけど…

iPadって、初代はともかくとして、iPad2からは特に外見上の違いも大きくなく、iPad Air以後は薄く軽くなっているものの、遠目に見ている分には、大きな違いがわからないので、他人にとってはそれが古いiPadなのか、新しいiPadなのか、どうでもいいという以前に、判断できないのでしょうね。よっぽど好きな人でない限り。

世界で最も使われているiPadはiPad2?

▲ところで、こういうニュースを見つけました。

去年10月の調査で、世界で使われているiPadを調べると、最も多かったのはiPad2だった…という記事。

我がiPad2はシェア20%でダントツ1位!ちょっとうれしくなりました。苦労して使い続けているのは私だけじゃなかった(笑)

私は、他にもiPad2を使い続けている人が世の中に「ごく少数」いて、そういう「同志」のみなさんが、最新のOSへのアップデートを躊躇していたりするんじゃないか…と思って、iPad2のアップデートの記事をこちらに書くようになったんですけど、アクセス解析を見ると、どうも予想外にアクセス数が多い…よっぽどiPad2が好きな人達がいるのかな…と思っていたんですけど、実際はシェア20%…iPad使用者の五分の一はiPad2ユーザーだったのですね(笑)

iPad2は工夫次第でまだまだ使える!

本日午前中にiOS9.3にアップデートしてから、iPad2をあれこれいじくり回しておりましたけど、やっぱり動きが全体的に遅くなりました。これだけは、もうどうしようもありません。

でも、何でもかんでもやらせようとするのではなくて、限定的な使い方なら全然問題ないと思います。

私の場合、自炊した本のPDFを見るのと、Pocketに溜め込んだ情報を読むのと、メールが使えて、あとはツイッターができればそれで充分です。

f:id:blackchinainfo:20160322155451p:plain

ツイッター公式のアプリの動作が重くなってきたので、Janetterを使うことにしました。Janetterならサクサク動きます。ただ、「通知」(お気にい入りとかRTのお知らせ)を見る機能はJanetterにはありませんから、これは公式のアプリを使うしかありません。そこで、写真のように、iPad2はツイート閲覧と入力専用機、通知はNexus7(2013)で見るようにしました(笑)。マウスはNexus7につなげているもので、これのホイールを使うと縦スクロールが敏速にできます。

Appleは買い替えのタイミングを与えてくれない

アップル社は次々に新型のiPadを出すので、買い替えの時期を完全に見失ってしまいました。少し前までは第四世代でも買おうか…と思っていたらAirが出て、「やっぱり薄くて軽い方がいいな…」と思っていたらAir2が出て、せっかくだから次はAir2にしようか…と思っていたら、昨日は小さいiPad PROが発表されました。たぶんあとしばらくしたら、小さいiPadPRO2が出るのでしょう。

それにくらべてNexus7は、2012年の初代から2013年の二代目が出る時の間隔は短かったですけど、第三世代はやっと今年出る…という噂ですから、第二世代でもまだ充分使えるけれど、せっかくだから第三世代買っておこうか…という気分にさせてくれます。

Nexus7との併用をすると、iPad2の欠点がカバーできるので、ますます買い替えのチャンスが遠のきました。Nexus7は小さいだけじゃなくて、iPadとは方向性がかなり違うタブレットなので、使い分けが効くというのか、iPadと良い補完関係になりますね。

iPad2は、物理的に壊れるとか、AppleのOSアップデート対象から外されて、アプリも対応しなくなるとか、そういうよっぽどのことでもない限り、使い続けることになりそうです。

こんな記事もあります