読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

【速報】チベットでM5.5の地震…負傷者60名以上

SPONSORED LINK

news.sohu.com

西藏昌都5.5地震 當地道路塌方 | 兩岸 | 中央社即時新聞 CNA NEWS

11日午前9時15分(中国時間)、チベットのチャムドでM5.5の地震が発生。震源の深さは7km。現地の情報によれば、負傷者あり。道路が落盤を起こしている。

震源地:チベット・チャムド市テンチェン県嘎塔郷

中国語表記では「西藏昌都市丁青県嘎塔郷」になります。

【参考】テンチェン県 - Wikipedia

かなり山深いところのようです。

発生当日の微博(中国のSNS)の情報 

【新浪新聞】11日午前10時3分(中国時間)

今回の震源の周辺300kmでは、この5年間でマグニチュード4以上の地震が25回発生しているが、今回の地震が最大である。

■【掌中広視】11日午後7時0分(中国時間)

(地震は)テンチェン県嘎塔、甘岩、尺犢、巴达などで強い揺れがあり、建物が倒壊、橋や道路が損壊している。
嘎塔郷で60数名が負傷、その内6名が重傷。負傷者はチャムド市人民医院で治療を受けている。

【新浪四川】11日午後1時45分(中国時間)

▲こちらの記事を読んでいて、今さらながら思い出したのですが、今回地震が発生したチャムド市テンチェン県の嘎塔郷という場所は、海抜4100mにあり、救援作業は富士山よりも高い場所で行われていることになります。

私もこういう海抜の高い地域に行ったことがありますけど、3歩動くたびに息が切れ、高山病に悩まされました。被災者も救援隊も大変な苦労をされているものと思われます。

中国の報道

news.xinhuanet.com

▲12日朝のニュース。被災地の写真2枚が掲載されていますが、これは武装警察の先遣部隊が、被災地入りするために、道路の復旧を行っている作業を伝えているだけです。

動画

www.miaopai.com

▲12日の朝の10時半(中国時間)に公開になった現地の動画。倒壊した壁、家屋、救援用のテント、治療にあたる看護婦、救急車などが見えます。4041人が避難…とのことです。


西藏昌都丁青县5.5级地震-20160512新闻直播间-凤凰视频-最具媒体品质的综合视频门户-凤凰网

▲こちらの動画は3分以上あります。臨時避難所設置の様子、臨時避難所のドローン映像などあります。落石の映像もあり、まだ現地は安全とは言えないようです。後ろの方に、被災地の交通状況の説明があります。

5月12日深夜の報道

www.cneb.gov.cn

▲こちらは12日の23時29分に発表された現状報告です。要訳すると…

  • 負傷者は69名。うち、重傷者は12名。
  • 108の家屋が倒壊。
  • 被災者は1万人以上
  • 被災地には5つの避難所を設置。
  • 最も深刻な被害があった嘎塔郷に設けられた避難所が最大のもので、全1万人以上の被災者のうち、約4200名がここの避難所に収容されている。
  • 避難所では食べ物が無料で提供されており、その中にはチベット人が好きなバター茶ツァンパも含まれる。

    【参考】バター茶 - Wikipedia

    【参考】ツァンパ - Wikipedia

  • 地震後、巨大な落石があり、嘎塔郷周辺の8つの道路が通行できなくなった。
  • 現在既に6つの道路が復旧している。
  • まだ復旧していない道路は損壊がひどく、落石はクルマよりも大きく、重機でも撤去ができないため、爆破の必要がある。
  • 13日早朝には全道路再開の予定。

13日の報道

news.xinhuanet.com

▲【地震で損壊していた道路が全て復旧】

本来、13日の午前中に全線復旧の予定でしたが、最後の道路は13日午後7時6分(中国時間)に開通したようです。


news.xinhuanet.com

▲被災地の避難所で授業を受ける54名の小学生(リンク先に写真あり)。

記事中に「一个月的虫草采挖假期」(1ヶ月の虫草を掘り集める休み)を取り消して授業を…とあります。「虫草采挖假期」って初めて聞きました。

西藏“虫草村”挖虫草风气盛行 学校开设虫草假期-藏人文化网

▲こちらを見るとどうやら、この季節のチベットのある地域は、家族総出で冬虫夏草を集めるため、学校が1ヶ月の休みになるようです。


▲被災地の倒壊した家屋の写真3枚が掲載されています。私はチベットの建築について詳しくないのですが、写真をみると壁は分厚いものの、土を固めただけ?のように見えます。3枚目の写真を見ると、屋根が落ちて、手前側の壁が崩れています。

キャプションを読みますと、この地域の家屋の建設方法の説明として「夯土結構」という言葉が出てきます。

cjjc.weblio.jp

」は「地固めする」「打ち固める」ということなので、たぶん土を突き固めただけの単純な構造なのでしょう。キャプションには嘎塔郷の全689戸のうち、83戸が倒壊した…とあります。つまり、全体の12%に相当します。

14日の報道

武警官兵昌都救援 西藏昌都市丁青县发生5.5级地震_发现频道_中国青年网

▲被災地に向かう写真2枚が掲載されています(写真をクリックすれば2枚目が表示されます)。ヘルメットと足で数えると19人ですから、人の後ろに入って写真では見えない人も考えると、たぶん1つの隊で20人ぐらいの構成と思われます。それと前方に救助犬と思われる犬が2匹見えます。

写真の撮影日時は書いていませんが、キャプションを読むと、これらの救援隊が救援物資やテント100張を運搬したそうなので、これは道路がまだ損壊している状態で、クルマを通せない時に、徒歩で被災地に物資を運搬したものと思われます。

19日の報道

さすがにもう収束しているだろう…と思っていたのですけど、今日(20日)に調べてみたら、19日にも同じく丁青県で地震があったそうです。

  • 19日0時57分、チベットのチャムド市丁青県でM4.1の地震が発生。
  • 震源の深さは5km。

▲18日には雲南省でもM5.0の地震が起きていますから、大陸の地震活動が活発化しているのかも知れません。しばらく注意して見ておこうと思います。

※この記事は随時更新です。新しい情報が入り次第追加致します。

消されゆくチベット (集英社新書)

消されゆくチベット (集英社新書)