読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

【動画】中国最大の武術学校の1万人団体演武

SPONSORED LINK

f:id:blackchinainfo:20160928105337j:plain

毎朝、YOUTUBEで中国関連のニュース動画をチェックするのですが、意外なものを見つけました。

1万人による団体演武だそうです。

河南省にある中国最大の武術学校「少林塔溝教育集団」の1万人による団体演武の動画…とはいえ、これはほとんど「マスゲーム」ですね。

この学校は団体演武が有名だそうで、北京五輪のセレモニーにも参加したそうです。

タイトルに「万人団体操」とありますけど、実際に1万人いるのかは不明です。一応、この学校には3万5千人がいるそうなので、やろうと思えば出来るのでしょうが…。

▲こちらはその武術学校の公式ウェブサイト。

▲先日、杭州で開かれたG20でもパフォーマンスを披露したそうで、他にも様々な国家的イベントに出演しているそうです。

少林拳と中国共産党との関係

それにしても、少林拳は元々禅宗のお寺との関係が深い武術のはず。宗教嫌いの中国共産党との関係はどうなっているのか…と気になるのですが…

▲こちらに少林塔溝教育集団の幹部のプロフィールが掲載されていますが、4人中3人が中共党員で、最後の1人は政協委員(日本の国会議員に相当)ですね。なんとなく、納得しました。

文革で廃れた少林拳を復興させるため、この学校が創立された…という説もあるのですが(学校の創立が1978年で、文革終結の2年後なので、時期的には符号する)、学校のトップは中共党員揃いで、マスゲームで国家的イベントに参加するので有名とは、因果な話だなぁ…と思った次第です。