読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

【香港の路上市場】(3)血まみれで新鮮さをアピールする魚屋さん

SPONSORED LINK

▲香港は周囲が海に囲まれているし、大陸とも繋がっているので淡水魚も豊富です。でも、売り方というのか、見せ方が日本の魚屋さんとは違います。

▲このように、片身に捌いて、血を塗って浮袋が膨らんでいるのを見せて、新鮮さをアピールします。こういう売り方は上海でも見かけるので、中華圏の特徴なのでしょう。

意外に小さい魚の心臓

▲魚の左上の方に、ちょっと黒ずんだ梅干しみたいなのが見えますけど、こちらは心臓です。たぶんこの魚はウロコから見て、コイ科のものだと思います。私は鯉釣りが好きなのですが、針にかかった時に、強い力をみせる鯉の心臓がこんなに小さいとは思いませんでした。

www.youtube.com

▲動画も撮影しておりました。心臓がドクンドクンと脈打っております。たぶん…ですけど、香港の魚屋さんにとって、心臓を傷つけずに捌いて、動いているところをお客に見せる…というのは、魚屋の技量の1つじゃないかと思います。こうやって「この魚はこんなに新鮮ですよ!」とアピールしているわけです。

一見残酷ですけど、日本でも踊り食いとかありますから、売る時に鮮度を見せるか、食べる時に鮮度を見せるかの違いですね。

【香港の路上市場】(全5回)

こんな記事もあります

香港市民生活見聞 (新潮文庫)

香港市民生活見聞 (新潮文庫)

 
香港を知るための60章 (エリア・スタディーズ142)

香港を知るための60章 (エリア・スタディーズ142)