読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

中国海軍の情報収集艦、北大東島(沖縄県)の接続水域を航行まとめ

SPONSORED LINK

昨日、日本の領海に侵入したのと同じ情報収集艦が、次は北大東島の接続水域を航行したとのこと。

関係する情報をこちらに集めようと思います。

防衛省発表

中国海軍艦艇の動向について

6月16日(木)15時5分頃、海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」が、北大東島(沖縄県)北の我が国の接続水域に入域する中国海軍ドンディアオ級情報収集艦1隻を確認しました。


 その後、16時頃、当該情報収集艦が北大東島北北西の我が国の接続水域から出域したことを確認しました。

f:id:blackchinainfo:20160616221141j:plain

 写真はドンディアオ級情報収集艦(855)。昨日、口永良部島周辺の領海を侵犯したのと同じ船です。

場所:沖縄県北大東島

北大東島の大きさは東西約5km、南北約3kmになるそうです。

f:id:blackchinainfo:20160616233356p:plain

防衛省の情報では、

北大東島(沖縄県)北の我が国の接続水域に入域…(中略)…その後、16時頃、当該情報収集艦が北大東島北北西の我が国の接続水域から出域

とありましたので、中国海軍の情報収集艦の動きを図にしてみました。但し、今回は入域してから、出域するまで、どのような経路を通ったのかは全く不明ですので、矢印の長さは気にしないでください。小さい円の内側が領海(基線より12海里=約22.2km)、その外から大きい円の内側が接続水域(基線より24海里=約44.4km)になります。

外務省が懸念を表明

北大東島とはどんな島か?

中国海軍の情報収集艦が何を調べに来たのか気になりますが、そもそも北大東島がどういう島なのか…

こちらの動画で見るとわかるように、北大東島は周辺が断崖になっており、港は波が強くて船が接岸できないため、人や物資の積み下ろしはクレーンを使わないとダメなのですね。中国海軍が侵略に来ても、まずは上陸するのに手こずりそうです。

f:id:blackchinainfo:20160617064343j:plain

北大東島には自衛隊の基地などはないようです。

※この記事は随時更新です。新しい情報が入り次第追記します。

パックス・チャイナ 中華帝国の野望 (講談社現代新書)

パックス・チャイナ 中華帝国の野望 (講談社現代新書)