読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

日本の黄砂被害は中国のせいではない?

SPONSORED LINK

百度新聞は中国の検索エンジン大手である「百度」(バイドゥ)のニュース欄である。日本で言えばヤフーニュースみたいなものだろうか。

そこのトップページの右肩に写真付きで紹介される記事があって、暇があるとここを見ている。「中国の今」を知る上で、ちょうどお手頃だからだ。

以前からこのトップページのスクショをツイートで紹介していたけれど、ツイート後に面白い反応や続報があったりして、その場限りにしておくのが惜しいと感じていた。そこで、今後はこちらでまとめて記録しようと思う。

最近、百度新聞ではなぜか日本に関する内容が多い。昨日のトップニュースでは日本にも黄砂の被害が…というものだった。ただ、こちらをツイートしたあと、ちょっと面白いものが見えてきたので紹介しておく。

中国も被害者だ

上掲のツイートと同じ内容を、FBにも投稿しておいたけれど、そちらの中国人ユーザーから

沙尘暴是蒙古吹来的,中国也是受害者

…というコメントを戴いた。

沙尘暴」とは黄砂のことで、つまり「黄砂はモンゴルから吹いてくるもので、中国も被害者だよ」というわけだ。

百度新聞のトップニュースになっていたリンク先をよく見ると、「日媒:中国的黄沙」というタイトルになっている。日本のメディアは「中国の黄砂」として報道している…という意味だが、ちょっと何か言いたげにも思えるタイトルだ。

そこからちょっと他のニュースを見てみると…

…というニュースが見つかった。

躺枪」とは、「自分に非はないのにやっかいごとに巻き込まれる」という意味。「中国に非はないのに」というわけだ。

つまり、中国では個人でもメディアでも、「中国も黄砂の被害者だ」「黄砂は中国のものじゃない」という認識があるようだ。

f:id:blackchinainfo:20170510212620j:plain

▲【参考写真】ゴビ砂漠の黄砂

黄砂の発生地

ウィキペディアで調べてみると、黄砂の三大発生地として、

  • タクラマカン砂漠(中国西部 新疆
  • ゴビ砂漠(中国北部 内モンゴル・甘粛・寧夏・陝西 - モンゴル南部
  • 黄土高原(中国中央部 内モンゴル・甘粛・陝西・山西

…があげられている。全部中国ではないか。

発生地の紹介の後ろの方に

これらの地域はほとんどが東アジアだが、一部は中央アジアにも及んでいる。またこれ以外に、中国東北部(旧満州)、モンゴル北部、ロシアの一部なども発生源となっている可能性がある。

…とあり、他にも数か所、発生地としてモンゴルをあげている箇所が見られた。でも、三大発生地は全て中国になっている。

中国では黄砂の発生地について独自の認識がある

では、中国での黄砂認識はどのようなものなのか。お得意の百度百科(あちらのウィキペディア的なもの)で調べてみると、意外なことが書かれていた。

影响中国的沙尘天气源地,可分为境外和境内两种。

中国に影響を及ぼす黄砂の発生地は、国内と国外の2つに分けられる。

分析表明:三分之二的沙尘天气起源于蒙古国南部地区,在途经中国北方时得到沙尘物质的补充而加强;境内沙源仅为三分之一左右。

分析によれば、三分の二の発生地はモンゴル南部であり、中国北方を通り過ぎる時に黄砂物質が補充され強まる。国内の黄砂発生源はわずか三分の一である。

发生在中亚(哈萨克斯坦)的沙尘天气,不可能影响中国西北地区东部乃至华北地区。

中央アジア(カザフスタン)の黄砂は、中国西北部東部、華北地区には影響しない。

新疆南部的塔克拉玛干沙漠是中国境内的沙尘天气高发区,但一般不会影响到西北地区东部和华北地区。

新疆南部のタクラマカン砂漠は中国国内の黄砂多発地域であるが、一般的に西北地区東部と華北地区には影響しない。

中国的沙尘天气路径可分为西北路径、偏西路径和偏北路径

中国への黄砂到達ルートは、西北ルート、偏西ルート、偏北ルートに分けられる。

西北1路路径,沙尘天气一般起源于蒙古高原中西部或内蒙古西部的阿拉善高原,主要影响中国西北、华北

西北ルートの1つ目は、一般的にモンゴル高原中西部あるいは内モンゴル西部のアラシャン高原が発生源で、主に中国の西北、華北へ影響を及ぼす。

西北2路路径,沙尘天气起源于蒙古国南部或内蒙古中西部,主要影响西北地区东部、华北北部、东北大部

西北ルートの2つ目は、モンゴル南部あるいは内モンゴル中西部が発生源で、主に中国の西北地区東部、華北北部、東北に影響を及ぼす。

偏西路径,沙尘天气起源于蒙古国西南部或南部的戈壁地区、内蒙古西部的沙漠地区,主要影响中国西北、华北

偏西ルートは、モンゴル西南部あるいは南部のゴビ地区、内モンゴル西部の砂漠地区が発生源で、主に中国の西北部と華北へ影響を及ぼす。

偏北路径,沙尘天气一般起源于蒙古国乌兰巴托以南的广大地区,主要影响西北地区东部、华北大部和东北南部。

偏北ルートは、一般的にモンゴル・ウランバートル以南の広大な地域が発生源で、主に中国の西北地区東部と華北、東北南部へ影響を及ぼす。

ようするに、黄砂発生源に内モンゴルがちょっと入っているけれど、黄砂は中国のせいではありません!モンゴルからやってくるのです!と言いたげな内容になっている。

たぶん、こういうのは中国でも広く知られる「常識」になっているため、「日本のメディアが、黄砂を中国のせいだと報道している!中国だって被害者なのに!」みたいな反応を起こしてしまうのではないだろうか。

黄砂―健康・生活環境への影響と対策

黄砂―健康・生活環境への影響と対策

  • 作者: 鳥取大学乾燥地研究センター,黒崎泰典,黒沢洋一,篠田雅人,山中典和
  • 出版社/メーカー: 丸善出版
  • 発売日: 2016/04/11
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る