読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

中国、西沙諸島永興島に無人機を配備

SPONSORED LINK

配備が判明した無人機は中国製のBZK005型。レーダーに映りにくいステルス性能を持ち、約40時間にわたり広域での偵察活動が可能という

この件に関する情報を集めておきます。

場所:南シナ海西沙諸島永興島

BZK005型無人偵察機

▲こちらに詳しい情報がありました。

中高度での長時間の偵察・監視任務に従事する高高度滞空型UAV(HALE-UAV)に分類される

…と説明されています。

▲こちらは中国語による説明ですが、この中で2013年9月9日に東シナ海の日本の航空識別区に侵入したことがあるとの記載がありました。

f:id:blackchinainfo:20160527125204j:plain

http://www.mod.go.jp/js/Press/press2013/press_pdf/p20130909_02.pdf

▲こちらは、日本の統合幕僚監部のPDF。機種名は書かれていませんが、BZK005らしき無人機の写真が掲載されています。

動画

▲台湾のテレビ番組による解説(中国語)。

急速に軍事化が進む永興島

永興島といえば最近動きが激しいです。

▲燃料の備蓄設備建設の話が出たのが去年の暮。

▲ミサイルが配備されていると報道されたのが今年の3月。

▲ちなみに、こちらの記事に書いておきましたが、ベトナムがロシアから潜水艦を購入して、南シナ海のパトロールを始めるとの情報がありました。

つい先日、米国のベトナムへの武器輸出も全面解禁になったばかりです。 中越間の軍事摩擦が拡大しているため、今後も中国による南シナ海の島の軍事化は進むように思います。