読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

【速報】北朝鮮が核実験?威力は広島型原爆に相当

北朝鮮
SPONSORED LINK

北朝鮮が核実験を行ったようです。

こちらに関連情報をまとめます。

この記事は随時更新です。

核実験が行われた場所

f:id:blackchinainfo:20160106113522j:plain

北緯41.30°、東経129.10°

ここには、「豊溪里核試験所」という施設があるそうで、2013年2月12日にも同じ場所の同じ震度で、北朝鮮の三回目の核実験が確認されているそうです。

爆発の威力に関する考察

▲こちらによれば、北朝鮮は今回の実験の前から、水爆の保有を仄めかし、実験を行うと宣伝していましたが、今回の爆発の威力を計算してみると、M4.9の地震はTNT火薬22000トンに相当するため、TNT火薬数十万~数百万トンに相当する水爆とはかなりかけ離れたものであり、今回使用されたのは広島型原爆のレベルではないかと考察しています。

 ▲ちなみに、こんなツイートがありました。

中国の報道

▲こちらの報道によりますと…

  • 中国地震当局の観測によれば、1月6日9時30分頃(中国時間)北朝鮮にM4.9の地震が発生。震源の深さは0km
  • 韓国気象庁も、今回の地震は人工地震であると発表。正確な情報の分析に当っている。
  • 韓国外交部長官がこの件について緊急会議を既に召集。
  • 韓国聯合ニュースの1月6日の報道によれば、6日に韓国政府関係者が発表した情報として、北朝鮮は2015年12月に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)テストを行ったが、まだ成功段階には達していない。北朝鮮は今もSLBMの試験を継続している…と伝えた。

 ▲この中国報道によれば、震動はかなり大きかったようです。

日本の報道

 ▲中国のニュースでは、規模から考えて、水爆ではないと推定していましたが、北朝鮮の公式発表では「水爆の実験を行った」となっています。詳しい状況分析が待たれます。

 ブースト型核分裂兵器 - Wikipedia

▲詳しくはこちらをご参照ください。

「水爆」に対しての疑念

今回の北朝鮮の核実験は、当初から水爆ではないとの声があがっています。

 

 ▲正確な分析結果が判明するにはしばらくかかりそうです。

核実験の意味

今回の北朝鮮の核実験は、どういう意味があったのか、識者の意見は分かれています。

 ▲こちらは中国の中朝関係の専門家の意見。米国に向けたものである!と。ただ、立場的に「中国に向けたものだ!」とは言えそうにないような。

李鍾元さんは韓国人で現在日本にいる学者さん。「在日韓国人」と言えばそうだけど、1982年から来日されている人です。去年の暮れのモランボン楽団のドタキャンなどから考えると、中朝関係はギクシャクしていたところですから、どちらかと言えば中国向けのメッセージ性が強いものではないか、と思います。

 関連記事

▲去年9月の記事。米軍機は核に関する情報収集をするものと見られ、北朝鮮付近まで接近していたのではないか…という考察です。