読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

iPad2を引退させるタイミングを失いました…

SPONSORED LINK

f:id:blackchinainfo:20151217201309j:plain

お恥ずかしながら、未だにiPad2を使っております。たまに新しいのが欲しいと思うこともあるんですけど、予算の問題というよりも、iPad2が今でも充分すぎるぐらいに使えるのです。だから既に2年くらい、買い替えのタイミングを失い続けたままです(笑)

 iOS9.2…ちゃんとインストールできました

iOS8.4にした時に、ブログ記事にしたらなぜか多くの方々にご覧いただけまして、「今でもまだiPad2を使っている人がいるんだなぁ…」と嬉しくなりました。ところが、今でもiOS8.4のアップデートの記事は見に来る人が絶えないので(「iPad2 アップデート」みたいな検索ワードでやってくる)、よほど世の中にはiPad2使用者がまだたくさんいて、アップデートの悩みを抱えているのかと思い、本記事を執筆するに至りました(笑)

iOS9.2…私のiPad2では問題なく使えております。ただ、私の場合、iPad2には簡単なことしかさせませんから、それで遅さもあまり気にならないのかと思います。

用途を限ればiPad2でも全く問題ありません

iPad2を使い続けるコツとして、

  • 使わないアプリ、不要なデータはなるべく削る。
  • 視覚効果は切る。
  • バックグラウンドでアプリをなるべく立ち上げない。
  • キーボード入力を軽くする⇒参考 
    これはかなり効果あり。文字入力が軽くなります。
  • たまに再起動をかける

…というのは基本ですが、私の場合は、

  • ツイッター(文字入力はほとんどしない)
  • 電子書籍の閲覧(キンドル、i文庫HDでの自炊PDF閲覧)
  • メールを見る(書くことはほとんどない)
  • ウェブを見る
  • チャットをする
  • YOUTUBEで動画を見る

…ぐらいでしか使いません。とにかくほとんど閲覧専用マシンですね。文字入力が必要なら、デスクトップPCかノートPCでやります。

これぐらいの用途だと、本当にiPad2で充分です。バッテリーも少し使用可能時間が短くなったような気もしますけど、そもそもハードな使い方はしませんので、1日持ち歩いてもバッテリー切れになることはありません。このまま潰れないのなら、あと5年は使えるのかな…と思っていたら、1つ大きなメリットが増えました。

Duet Displayが使えるようになった!(これ重要)

Duet Display

Duet Display

  • Rahul Dewan
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

▲こちら、元アップルの社員さんが作ったというので話題になった、iPadを外部モニターに使えるアプリ。当初はライトニングでの接続でしか使えなかった(つまりiPad2はDockケーブルだから使えない) のが、いつの間にかDockケーブル対応になっていました!

デスクトップのWINマシンと、ASUSのT100TAでつないでみましたけど、何の問題もなく使えました。

動画からのスクリーンショットを撮る時は、デュアルディスプレイでないと作業が面倒なので(しかも、黒色中国のツイッターの方ではその機会がなにかとある)、デスクトップPCをHDMI経由でテレビに接続してやっていたのですが、これだと旅行中にはできません。でも、これからはT100TA+iPad2で旅行先でもデュアルディスプレイができるようになりました。

しかし…このアプリで外部モニターとしてiPad2を使い始めたら、本当にiPad2を退役させるタイミングがなくなりました。物理的に壊れてしまったり、バッテリーが死んだり、将来的にDuet DisplayのアプリがiPad2に対応しなくなるような状況が発生しないかぎり、ずーっとiPad2を使い続けることになりそうです…。

こんな記事もあります