読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

【閲覧注意】北京の屋台で虫料理が人気…ムカデは1匹80元

SPONSORED LINK

以前から話題の北京名物?虫料理の屋台。単に話題作りのためのネタじゃないかと思っていたのですが、ムカデは1匹80元(現在のレートで1514円)もするそうです。中国の報道を読むと、美容に効き目があるとかで、排毒作用だの肌に良い…とか書いています。

YOUTUBEで検索してみると、北京の虫料理の屋台の映像が幾つかありましたので、そちらを見てみようと思います。

▲北京の屋台が並ぶ一角の様子がわかる動画。ゲテモノの類は1分58秒目から出てきます。西洋人に人気が高いのか、メニューが英語で書かれています。

▲こちらの映像では、西洋人がサソリを食べています。意外に悪くない味?のようです。

中国人は普段から虫を食べるのか?

中国では、福建料理にゴカイを使うものや、薬膳料理でアリを使ったものがあったり、虫を食べる少数民族がいたりするのですが、基本的に中国料理で虫を食べるのは一般的ではありません。

以前、中国人に「中国人は何でも食べるから虫でも食べるんだよね?」と聞いてみたら、「うーん…食べる人もいるだろうけど、もっと普通に美味しいものが幾らでもあるし」という素っ気ない回答でした。

しかし、最近の中国では、女性の美容が大きく注目されているので、それで虫食の意義も大きく変化してきたのかも知れません。