黒色中国BLOG

中国について学び・考え・行動するのが私のライフワークです

中国が抗日戦争の期間を14年に「延長」…の真意とは?

昨日話題になったのはこちらのニュースでした。

産経の記事では

習政権には歴史教育を通じ、対日姿勢を一段と強める狙いがありそうだ。

…と締めくくっており、ツイッターでの他の皆さんの意見も似たようなものでしたが、私自身はこれに「違和感」を感じていました。

続きを読む

マウスとマウスパッドの見直し

中国は2020年には軍事費を35兆円規模まで拡大させるとのことですが、これは2010年との比較で2倍に当たるそうです。

南シナ海の人工島だの、ステルス戦闘機だの、空母だのと着々と軍拡を続け、覇権の拡大に狂う中華人民共和国。東アジアを脅かす軍事大国に対抗するためには、我々はどうすれば良いのでしょうか?

日本も防衛予算を倍増せよ!」という声が聞こえてきそうですが、日本の防衛予算をすぐに2倍に出来たりするものでしょうか。それに、こういうことは個人の立場でどれだけ声を張り上げて熱望しても、早急に実現するものではありません。

そこで、色々思案した結果…「黒色中国」も中国に対抗して「軍備」増強することにしました!…と言っても、黒色中国の「軍備」とは主にパソコン関連の機材になりますが。

2010年をベースに2020年までに2倍の予算を投じ、デジタルデバイスを増強し、作業効率をあげて、ブログとツイッターでの情報配信の質と量を向上させます!

今年の正月は暇に飽かして、こんなバカなことを考えていたのでした(笑)

続きを読む

天安門の元学生リーダー・王丹氏、台湾を離れて米国へ…とトランプ次期米大統領との関係

www.rfa.org

「王丹宣布告別台湾」(王丹が台湾への告別を宣布する)とRFAに驚きのニュースが出ていたので、内容を詳しく読んでみます。

続きを読む

義烏からロンドンを運行する中英国際貨物列車の通るルートとそのメリット

昨日、注目を浴びたのはこのツイート。私のフォロワーの傾向かも知れませんが、ツイッターには鉄ちゃんが多いのでしょうか?

ただし、鉄道愛好の興味とは別で、この貨物列車に批判的な意見(どうせ上手くいかないw)も少なくありませんでした。

それらの意見の中で幾つか、「どのようなルートを通るのか…」という疑問が見られたので、こちらでご紹介しようと思います。

続きを読む

【感謝】『ジョジョの奇妙なお酒』をいただきました

f:id:blackchinainfo:20170102192531j:plain

友人からプレゼントをいただきました。ツイッターでニュースを見たので、こういうお酒が発売されたのは知っていましたけど、まさか贈っていただけるとは思いませんでした。

長年のジョジョ愛読者としては感無量であります。ありがとうございました。

続きを読む

【謹賀新年】2017年にやりたいこと…謎の地域・内モンゴル

明けましておめでとうございます。

ツイッターの方でも毎年、新年の挨拶をするようにしていますが、今年はこちらの写真を添付しておきました。

f:id:blackchinainfo:20170101130847j:plain

こちらは中国で春節(旧暦の正月)の際に飾られる「年画」というもの。

年画 - Wikipedia

以前、中国の地方で春節を過ごした際、路上で売られているのを見かけて撮影したものです。

あちらでは何故かこういうものに、政治指導者が描かれることが多いのですけど、今でも中国の貧困層で、毛沢東は崇拝の対象になっているようで、年画からは、そういう社会事情も伺えるのでした。

私が毛沢東崇拝をしているというわけではないので、何卒ご了承ください。

続きを読む

中国のお年玉袋、日本のお年玉袋

毎年この時期になると、新年を迎える用意で忙しいですが、悩みのタネの1つが「お年玉」。

中身」も悩ましいですが(笑)、忙しい年末に、お年玉袋を用意しなきゃいけないのが面倒だったりで、突然の来客とかで、予想外のお年玉が必要になる時に、お年玉袋がない!ということもあります。

それに、どうせならつまらないお年玉袋よりも、何か特徴のあるお年玉袋を…と思いまして、私はいつも中国のお年玉袋を使っています。

続きを読む

インスタグラムでやってみた「ウケる写真」の実験の数々

▲調子にのって、こういう記事を書いたものの、その後は低迷しておりまして、しばらくフォロワー200台の半ばで上がったり下がったりを繰り返しています。

上の記事の絡みで、こちらにインスタグラムの「コツ」を求めて検索でやってくる人が結構いますので、上手く行ってないなりに、最近の「報告」をしてみようと思いました。

続きを読む

【考察】中国海軍が南シナ海で調査中の米無人潜水機を奪う「根拠」とは?

 今朝からこの件で騒がしくなっております。ようするに、中国が泥棒した…ということなんですけど、今のところ中国側からの反論はなし。

でも、理屈をこねるのが上手い中国ですから、何か口実は作り出すと思います。そこで今わかる範囲で、なぜ中国海軍が米海軍のものを盗んだのか、考えてみようと思います。

続きを読む